【危険?】床オナニーの気持ちいいやり方を解説!ただしやり過ぎに注意…

男性が気持ち良くなるために試行錯誤を重ねた結果、床オナニーを考え着くことは珍しくはありません。

誰もが床に自分のペニスを擦りつけて、快感を得た経験があるはずです。ただし、フィニッシュのことを考えて床オナニーをすると、必ず躊躇するはずです。

ここでは、床オナニーのメリット・デメリットをご紹介し、気持ち良くなるために気を付けなければならない点や、床オナニーのような感覚を与えてくれる代替え策についてもご案内します。

 

スポンサーリンク

床オナニーとは?

 

床オナニーは男性であれば簡単に想像できる行為ではないでしょうか。文字通り自分のペニスを床に擦りつけることによって気持ち良くなるオナニーです。

幼い頃に園庭や校庭にあった「のぼり棒」を昇降する際、ペニスが擦れて興奮したという経験をお持ちの方も多いはずです。

意図的に何度も「のぼり棒」で遊び、いつしか友達よりも得意になったという方もいるのではないでしょうか。

一般的なオナニーの特徴は、ペニスを露出させて手でストロークすることによって快感を強くして、絶頂を迎える間際にティッシュで精子をキャッチしたり、トイレの便器に射精をしたり、お風呂場で勢いよく発射を楽しむというのがイメージされます。

一方、床オナニーはセックスをしているかのような腰振りを繰り返し、床に擦れる感覚で快楽を得る行為です。

普通のセックスと違う点は、あまり腰振りを激しくすると、摩擦でペニスが痛くなってしまうという点です。

特にペニスを露出して床オナニーをする場合には、腰振りの度にペニスが圧迫・摩擦の影響が加わります。

興奮すると手コキのストロークが強くなったり早くなったりする男性もいるでしょうが、床オナニーはピストンが加速すると「気持ちイイ」から「痛い」に感覚が変わってしまうかもしれません。

適度な運動調節によって絶頂を迎えるようなコントロールが、手コキのオナニーよりも繊細に感じるという方も多いのが特徴です。

床の質によってもペニスへ加わる刺激が異なります。フローリングの床でオナニーをするのと、畳の部屋で床オナニーをするのとでは、気持ち良さに雲泥の違いがあるはずです。

手コキオナニーはどこでも同じような刺激で快楽を手に入れることができますが、床オナニーは自分がいる場所に依存するので、オナニーをするのに適さない場所も存在します。

ダイレクトに床へピストンするのではなく、クッションを女性に見立てて行うことも可能です。

床オナニーを演出するようなオナホールも販売されているので、疑似的に床オナニーを作り出すことも難しくありません。

普通のオナニーはてを使ったりオナホールを使ったりと、ペニスを握らなければならない状態で刺激を加えます。

反対に、床オナニーは手でペニスを覆うことは無く、手放しの状態でペニスへと刺激を加えます。

両手がフリーになる分、楽しめることも広がりますので、リアルなセックスに近づいた雰囲気をお楽しみ頂けるのも魅力です。

女性を冒しているような映像を眺めながらピストンを繰り返すと、画面越しで身悶えている姿に萌えるという状況を作り出すことも可能です。

気持ちいい床オナニーのやり方

 

床オナニーを気持ち良くするためには、それなりの準備をしておくべきです。

そのまま床に擦りつけるだけでは、絶頂を迎えたときにも困ってしまうでしょうし、そこに至るまでにペニスが痛くなってしまうというリスクも大きくなります。

もしも床オナニーに興味があるのなら、これからご紹介する準備やオナニーのやり方をチェックしたうえで実践することをおすすめします。

床オナニーの準備

床オナニーをシンプルに楽しむのであれば、何も準備をせずに股間を擦りつけるだけで完了です。

ただし、この方法で最後まで楽しんでしまうと色々な問題が発生します。床に擦りつけるということは、不衛生な場所でペニスを晒すことになります。

床は雑菌がいっぱいの場所ですから、プレイ前の準備としては清潔にしておくのが大前提です。

床オナニーをしてペニスが炎症を起こしてしまうということは、雑菌が侵入した証拠です。

最近は除菌の効果があるアイテムがホームセンターやコンビニで簡単に購入できますので、床を綺麗にするということは忘れないようにしましょう。

クッションや座布団などの衝撃を吸収するアイテムを準備するというのも賢い選択です。直に床でペニスをストロークすると、誰でも簡単に想像できるでしょうが痛いです。

その厳しい環境が気持ち良いという生粋のドMな方もいるでしょうが、そのままの状態で射精感は訪れないと考える方がいるのも事実。

だからこそ、衝撃を適度に吸収しながら、擦りつける気持ち良さを損なわないようにするために、クッションや座布団といった簡単にポジショニングが変えられるアイテムを使うことが多いのです。

下半身に衣服を着用せず、半裸の状態で床オナニーを実践するなら、ローションを使って滑りを良くするという方法で快楽を高める方もいます。

通常は強く擦りつけるというのが床オナニーの醍醐味ですが、摩擦と圧迫が強くなるほど、痛みを感じやすくなってしまうのがデメリットです。

その衝撃を緩衝させるためにも、ローションをペニスもしくは床に塗り、ヌルヌルの状態でオナニーをするということをしている男性もいるのです。

ただし、ローションの付着した床は綺麗にしなければなりませんし、クッションや座布団を使ってしまうとヌルヌルの状態が生地に移ってしまいます。

床オナニーのために寝具や生活用品を選択しなければならないのは、大きな手間がかかると感じるはずです。

準備をして床オナニーに使用しても、その後の原状回復に面倒さがないものを用意することが、楽して気持ち良くなるためには必要です。

フィニッシュのためのティッシュを手の届く範囲に設置していくことも重要です。

勢い任せに床オナニーでそのまま射精してしまうと、部屋のいたるところに精液を飛ばしてしまうことになってしまいます。

床オナニーの姿勢のままフィニッシュをすると、放出した場所にあるものは汚れてしまいます。

パンツやズボンを履いたまま床オナニーをする場合には、大量の精液が下着に付着してしまいます。

どうやってフィニッシュを迎えるかの検討を重ね、自分なりのベストなスタイルのためにティッシュをはじめ精液を受け止める何かを準備しておきましょう。

映像や声も興奮を高める

 

床オナニーは妄想しながら女性と交わっている意識を高めることで、絶頂を迎える方法もあります。

イマジネーションに長けた人であれば、妄想するだけで艶めかしいシチュエーションに入り込むことができます。

そんな人は目で見て興奮するようなものが無くても、射精感を高めることができるのです。

一方、リアルなセックスに近づけて楽しみたいという場合には、映像を見ながらオナニーをするという状況を作り出す方もいるはずです。

お好みの動画を再生して、それを眺めながら疑似的なセックスを楽しむように仕込むことも可能です。

ライブチャットを視聴しながら楽しむと、女性がヨガっている状況を見ながら、自分の愛撫に応えてくれるようなリアクションに萌えることもできます。

映像コンテンツは進歩の一途なので、勃起を刺激するようなものを上手に使って自分だけの楽しみ方を見つけるのも良いでしょう。

妄想では実現しない声による刺激など、五感を通して繋がりを感じられるのが勃起力を高めます。

女性らしさの演出で気持ち良さアップ

 

床オナニーは硬いフローリングに擦りつけるだけでは芸がありません。

女性と交わっているような感覚を演出して、ピストン運動でペニスが締め付けられるような状況を作り出すことが満足度を高めます。

だからこそ、ペニスを露出して直に床へ押し付けるのではなく、クッションのような柔らかい素材でペニスをストロークさせるように場を整えておくと、激しく腰振りをしても痛みを感じにくい状況が作れるようになります。

女性の膣内を再現できるのであれば、床オナニーの気持ち良さは即イキだって夢ではありません。

でも、実際には複雑な作りの膣内をクッションだけで作るのは難しく、腰振りに緩急をつけて摩擦の刺激に変化を与えるなど、工夫をしながら射精感を高める配慮が必要です。

単調なリズムでピストンを繰り返すよりも、腰振りを早くしてみたり、時にはゆっくりと奥まで挿入するような感じでペニスをねじ込んでみるのも良いでしょう。

床はカーペットが敷いてあったとしても膣内よりは硬い印象があります。

その感触を柔らかくできるような調節を行うだけでも、オナニーの質はグンとアップします。

いつもの締め付けは緩くて射精できないという悩みを解消するには、床オナニーのハードプレイは特効薬になることもあります。

でも、女性と交わってみるとわかるでしょうが、そこまでペニスをグイグイ押し付けるようにピストンを繰り返すのは、強度としては現実的ではないのです。

あまりにも床オナニーに慣れてしまうと、手コキも気持ち良く感じなくなってしまうでしょうし、フェラや挿入までも刺激が弱いと勘違いしてしまうこともあります。

フィニッシュは決めておかないと大パニック

床オナニーのフィニッシュは、どのように精液を処理するかを緻密に考えておかなければなりません。

そのまま床にぶちまけてしまうような状況は、その後の片付けがとても大変です。

しかも、自分の体に精液が付いてベトベトの状態になってしまうことも予想されます。

イク瞬間にティッシュへと射精するか、汚れるのを覚悟でそのまま撒き散らすかは自由ですが、終わってからのテンションのダウンを考えるなら、片付ける気が失せるような方法でのフィニッシュは控えるべきです。

女性の中で出している感覚を味わいたいなら、床オナニーとは違った方法でオナニーをするべきです。

あくまで外出しをしているような最後になるでしょうが、それでも安全に精液がキャッチできる方法を導き出すようにしてください。

これまでに床オナニーを実践するうえでの準備や、気持ち良くなるための環境作り、終わってからの処理を見越した環境調整をまとめてきました。

床という独特の刺激を楽しみにしている男性も多く、未だに床オナニーファンは後を絶ちません。

それでも、気持ち良い方法を見つけて継続しているという割合は低く、もっと違った方法で気持ち良くなりたいという意識に向くことが多くなっています。

床オナニーの際に気をつけたいこと

 

床オナニーの際に気を付けたいことは、次の3つが重要項目です。

  • 日常生活の快楽の感じ方を歪めないようにする
  • フィニッシュしてからの後片付けを簡単にしておく
  • ペニスを傷つけないにしなければならない

では、一つずつ掘り下げて紹介しましょう。

日常生活の快楽の感じ方を歪めないようにする

あまりにも頻繁に床オナニーを実践していると、快楽の感じ方が歪んでしまいます。

強く圧迫しなければ勃起しないという状況は、ただちに床オナニーを禁止して、元の低刺激でしっかり勃起するという状況に戻さなければなりません。

床オナニーは強く擦りつけるという印象が強い行為ですから、それが興奮のMAXを誘うようなら要注意です。

女性とセックスをしても、膣内の締め付けは床オナニーほどの強さには到達しません。

すると、刺激が足りずに勃起が緩んでしまうというアクシデントが起こります。

今まで敏感に反応していたリアクションを大切にしながら、床オナニーをしなければならないのです。

フィニッシュしてからの後片付けを簡単にしておく

床オナニーで気を付けたい点のナンバー1とも言える後片付け。

フィニッシュが曖昧で、部屋のどこかで射精をしてしまったら、急いで精液を拭き取って綺麗にしなければなりません。

カーペットやじゅうたんに発射してしまうと、射精後に白く濁った汚れが残ってしまうことがあります。

家族に床オナニーがバレてしまうのも恥ずかしいでしょうから、後片付けに手間取らないようにする気遣いも、プレイ後の忙しさを左右します。

フィニッシュを簡単にするならば、ティッシュへの発射が魅力です。

そのまま残った精液を拭き取って、あとはゴミ箱へ捨てるだけ。

トイレットペーパーだと亀頭に紙が付着して、それを取り除くのにストレスを感じてしまうことがあります。

貫通しないくらいのティッシュを用意しておくことも大切です。

精液を受け止めて残りの汁を綺麗にしてあげられる量を用意していると、後片付けがちょっとだけ楽になります。

オナニー=面倒となってしまっては絶頂を迎える機会が激減します。

気軽に実践できて確実にヌケルという状況を作っておくのも、射精後の気分にも影響します。

ペニスを傷つけないにしなければならない

床オナニーをする前に、周囲を綺麗にしておくというのは絶対条件です。

埃が舞うようなところで床にペニスを擦りつけると、あっという間に性病を発症したり、ばい菌で炎症を起こしてしまうことがあります。

床はどれだけ丁寧に掃除をしていても、オナニー前に一度除菌力のあるシートを使って拭いておくなど、清潔な状態を作り出しておく必要があります。

摩擦でペニスが傷ついてしまうというリスクも床オナニーにはあるのですが、それ以上に気を付けなければならないのが、細菌感染のリスクです。

床の気持ち良さは手コキとは違ってホール努力に優れたオナニーです。

でも、ペニスが傷つきやすいという点も知っておかなければなりません。

床オナニーはやり過ぎに注意!危険といわれる理由とは?

 

床オナニーは頻繁に使用するのは避けるべきです。

気分転換程度に楽しむのは許容できますが、毎日床オナニーをするようなスタイルはやめましょう。

どんなに気を付けていても、床オナニーは強烈な圧迫と摩擦の刺激がペニスへ及んでいることがわかるはず。

やり過ぎによって勃起不全を起こしてしまうこともありますし、気持ち良くても痛みと快感が混ざり合ってイケないという男性もいるほどです。

強い刺激で早くイキたいと思っていても、手コキや膣内挿入に比べると圧倒的にメリットが大きい床オナニー。

強すぎて射精感が膨らまないという場合には、無理してピストンを加速させるのではなく、もっとイキやすい方法を探すべきです。

床へ擦りつける刺激に慣れてしまうと、もっとライトな刺激に感じられるようなものにはペニスが反応してくれなくなってしまいます。

強烈な刺激を加え続けることによって起こる体の変化がデメリットに感じる前に、オナニーの方法は再考するべきなのです。

床オナニーに依存してしまうと、それ以外の方法では性生活を営むことが難しくなってしまうという状況も生まれています。

やり過ぎてほかの刺激への感度が低下しているようであれば、床オナニーを休止するタイミングかもしれません。

日常の性的欲求を叶える方法の主軸になってしまうと困るのが床オナニー。

確かに気持ち良いかもしれませんが、強烈な刺激をほかの方法で生み出すことは難しいのが現状です。

ただし、アダルトグッズを活用して床オナニーの再現ができるものも販売されているので、リスクを背負ってオナニーをするよりも、ノーリスクで最高の快楽を得る方法が世間に浸透しています。

それが、オナホを使った床オナニーの演出なのです。

リスクなく床オナニーの快感を味わいたい人におすすめオナホがこれだ

床オナニーの快感を味わいたいというこだわりを持っている方には、これから紹介するオナホがおすすめです。

床で擦るということで生じるリスクがありませんし、何よりもペニスへの負荷も少ない設計が嬉しい限りです。

思わずウットリしてしまうような幸せを運んでくれるオナホの出現は、オナニーのバリエーションに多大な影響を与えています。

今までは挿入しているという感覚を大切にしてきたオナホですが、床オナニーの感覚に近づけることに成功したのです。

そんな夢のようなアイテムが、アダルトグッズの通販大手、NLSで販売されている「床オナ式名器 ―ぴったりフィットー」というアイテムです。

「床オナ式名器 ―ぴったりフィットー」

価格:7,180円(税込7,754円)

床オナ式名器の詳細はこちら

何が凄いかというと、床オナニーを堪能するようにぴったりと腰をフィットさせてピストンが楽しめるという点です。

女性に挿入している感覚と、床に擦りつけているような感覚の両方が相乗的にペニスを快楽の世界へといざなってくれるでしょう。

一般的な大型オナホールと膣内の作りが違い、まるで床に擦りつけているような感触と強い締め付けが演出されています。

もっちりとした肌の感覚と、絡みつくようなヒダの膣内。

思わずうなってしまうような気持ち良さが押し寄せてくるので、オナニーの楽しみを広げてくれること間違いなしです。

大型オナホールに分類されるアイテムですが、価格もリーズナブルで使い勝手は満点です。

リスクを背負って床オナニーをするよりも、安全に背徳感を味わいながら実践するオナホ利用の方が、毎日のオナニーライフは充実します。

この方法なら毎日オナニーをしても、イケないという悩みや勃起が弱いという悩みを持つことはありません。

フィニッシュもオナホの膣内で完了するので、部屋を汚すこともありません。

気持ち良いだけでなく多くの点でメリットがあるからこそ、床オナニーに憧れた男性から絶大な人気を集めるアイテムとして注目されているのでしょう。

あの気持ち良さをもう一度味わいたいのなら、迷わずオナホをゲットしてくださいね。

床オナ専用オナホの続きはこちら↓

【快感倍増】床オナ専用オナホールのおすすめ5選!床オナのデメリットを打ち消す神アイテムw
床オナをすることによって快楽を得るというのは、オナニストにとっては通過点でしかないかもしれません。 でも、床にこすりつけて気持ちよくなるという行為は、膣内射精障害のリスクを高めてしまいます。 せっかくのセックスが気持ちよ...

まとめ

床オナニーはペニスに強烈な圧迫刺激と摩擦の刺激を加える方法です。

誰もが床に擦りつけて快感に萌えた時代があるでしょうが、衛生面やペニスの今後を考えると、あまりおすすめの方法とは言えません。

それよりも床オナニーの感覚を楽しみつつ、安全に使用できるオナホを使って抜いた方が、性生活の充実と日常生活の不自由さの発生リスクを抑えることができます。

これからのオナニーを考えて、新たな仲間入りをご検討ください。