ヴァージンループの口コミ・レビューからわかったデメリット!

ヴァージンループはお手ごろ価格で最高の気持ち良さを味わえるというオナホール。

初めてオナホールを使う人はもちろん、既に色々なアイテムを使って快楽を手にしている方にとっても感動的な刺激が評判のヴァージンループ。

ここでは、世間的な口コミやレビューを徹底的に分析し、メリット・デメリットをまとめました。

実際に使ってみてどのような感動が及んだのかも正直にレポート。商品が持つ特徴を踏まえ、ヴァージンループシリーズとの比較も行います。

これを全て見る頃には、オナホールを使用することへのドキドキが止まらなくなるはずです。

スポンサーリンク

ヴァージンループの生の口コミ・レビューを調べてみた!

ヴァージンループの生の声を拾い、商品が持つ魅力を分析。そのためにも、口コミ・レビューを参考にしてみましょう。

ネット上にはヴァージンループに対するイメージがそれぞれ残されています。その中から商品の良し悪しに関わるものをピックアップしました。

4重螺旋構造の凄さはペニスを喜ばせてくれる

 

キツキツのおマンコに挿入しているかのような魅力を手にしたのは、ヴァージンループを購入したからです。

 

まるで処女の女性とセックスをしているかのような、挿入する膣口はリアルな狭さ。中にねじ込んでいくと螺旋構造がペニス全体に絡みつくようなネットリとした印象。

 

ローションを少しだけ仕込んで入れると、いやらしい音が響き渡ります。子宮口に当たる感覚も再現しているホール内は、ピストンを繰り返す度に亀頭へ気持ち良い刺激がやってきます。

 

コスパ最高なオナホールは癖になります

 

オナホールの価格としては満足の1000円台。しかも、何度も洗って使えるというのも経済的。使い捨てオナホールでも同じくらいの価格で販売されているのに、長く使える耐久性も嬉しい限り。

 

挿入した感触は素晴らしいです。いつまでも挿入したいくらいの膣内は、ペニスを根元まで吸い込む感じ。

 

力強く握っても素材が負けないコシの強いデザインは、螺旋構造で細かいヒダがペニスを強烈に摩擦。

 

ローションを上手に使用すると抵抗が快感になりますから、一気にフィニッシュまでストロークを楽しめます。

 

キツマンへの挿入は勃起の強さが必要な狭さ

 

MAXまで勃起させないと、挿入には抵抗が強い感じ。やっぱり処女クラスの小さな膣口に挿入するのは、元気が無ければ貫通させられません。

 

勃起の力が弱いと入り口で弾かれてしまうほどの高反発。それだけに、挿入した時の気持ち良さは言葉にならないくらいの快感です。

 

指でくぱぁをすると仕込んだローションが出迎えてくれますが、激しくピストンしてもローションが漏れ出てこない工夫が施されているので、入り口さえ突破すれば存分に楽しめます。

 

寝ながらのストロークはローション漏れが心配

 

座位か立位で使う分には不自由しないのですが、ヴァージンループは騎乗位で楽しむには、中のローションが入口部に貯まりやすい気がします。

 

ストロークが激しくなると、どうしても陰毛にローションが垂れてしまいます。体勢に気を付ければ失敗はないでしょうが、体位によってはちょっとだけ不便。

 

挿入した感じは最高レベルですし、あの価格で快楽を自由自在にできるのは満足しています。

 

抵抗のある膣内はゆっくり挿入がおすすめ

 

内部の構造にこだわっているヴァージンループは、4重螺旋構造でペニスをあらゆる角度から刺激。

 

それが気持ち良いと感じる人にとっては至福の時間となるでしょうが、中のヒダが細かいので挿入をゆっくりにするのが気持ち良いです。逆に早くストロークをすることで抵抗がアップ。

 

高刺激なので即イキしてしまうのは、ペニスが快楽を得るための分析を行っている証拠です。気持ち良さを追求したからこそ、膣内刺激は定評があるのでしょうね。

 

ぬぷぬぷっと入る感じと高弾力が絶頂を誘う

 

クローバー螺旋という、何だかよくわからないけど凄そうな構造に惹かれて購入したヴァージンループ。

 

素材は高弾力でモチモチとした感じが興奮します。挿入すると「ぬぷぬぷ」という音が鳴ってとっても卑猥です。

 

挿入すると感動的な気持ち良さが股間を強烈に刺激。見た目は何の変哲もないオナホールですが、使ってみてびっくりの気持ち良さが待っていました。もう、オナニーするならヴァージンループは手放せませんね。

 

ペニスの大きさによってはストローク不足になるかも

 

あまり全長に意識を置いて購入していなかったこともあって、ヴァージンループは勃起がMAXになってしまうと、根元までのストロークはできない状態。

 

内部の長さが12cmくらいなので、惜しいところまではいくのですが全挿入とまではいきません。

 

そこがキツマンな女性を彷彿とさせるので興奮しちゃうのですが、ストロークの点で不満を感じることがあるかもしれません。軽くて扱いやすいので、もっと長ければ文句なしですね。

 

非貫通タイプでも洗う手間はさほど感じない

 

ヴァージンループは非貫通タイプのオナホールです。今までは貫通式のアイテムを使用していたので、洗浄するのが大変なのではと懸念していました。

 

低価格なので購入してみたのですが、メンテナンスは難しくなく、素材を無理に引っ張って破損させてしまうこともありません。

 

意外と持ちも良くて、半年くらいお世話になっていますが、今のところ使い続けられています。洗う手間も少なくて、何度使っても高弾力がヘタレないので、使い心地が落ちる感じはありません。

 

 

ユーザーによって口コミ・レビューの視点は異なりますが、いずれもオナホを使用して良し悪しを考えるうえで重要な情報を書き込んでいることがわかります。

ヴァージンループはオナホの中でも非常に人気の高いアイテムですが、本当の魅力を知るためにはユーザー目線の評価を調べるのが近道です。

良いことばかりに目を向けるのではなく、批判されている内容にも目を向けることで、商品の特徴が把握できます。

ヴァージンループの口コミ・レビューからわかったデメリット、メリット!

ヴァージンループの口コミ・レビューからわかったことは、メリット・デメリットそれぞれピックアップが可能です。

ここではヴァージンループを使ってどのような印象を持っていたかを掘り下げて、メリット・デメリットに分類しました。

ヴァージンループのデメリット

ヴァージンループのデメリットとして挙げられている項目をピックアップ。まずはどのような内容がデメリットと感じられているのでしょうか。

・挿入する膣口が狭いため、勃起の硬さによって挿入が難しい
・高弾力素材の抵抗が強くて速いストロークに向かない
・ペニス全てを包み込むだけのストロークができない可能性がある
・体位によってローションが垂れてしまう

このようなデメリットが口コミ・レビューから拾うことができました。

キツキツの膣内を表現するための入口部は、ペニスを挿入する際に締め付けを感じてもらえるような演出が施されているヴァージンループ。

ペニスの強度によって、挿入する際に苦労するという感じを受けるのかもしれません。

そのキツさが最高の快楽を与えてくれるとわかっていても、中に入れるのが難しければせっかくの魅力が感じられません。

細かなヒダがペニスを刺激されるように設計されている弾力性の高い膣内。抵抗が強くて高速ピストンには向いていないという口コミ・レビューも散見されます。

興奮するとストロークを早くしたいという気持ちがあっても、思っていたよりもゆっくり出し入れしなければ抵抗が強くてペニスが気持ち良くないという感想に至る場合もあります。

また、ヴァージンループはコンパクトタイプのオナホールなので、ペニスの長さによってストロークの制限が出てしまいます。

根元までしっかり覆って刺激したいという場合には、長さが足りないという印象を持つことがあるかもしれません。

一般的なサイズのペニスであれば奥まで挿入して子宮口に当たる感覚を楽しめますが、物足りなさを感じることがあるサイズ感が心配というユーザーがいるのもデメリットです。

ヴァージンループはローションが逆流しないような設計になっているので、出し入れを繰り返しても外に漏れにくい魅力があります。

その一方で、体位によっては中のローションが垂れてしまうという報告があります。騎乗位での挿入だと、どうしてもローションが下に落ちてしまうので、ストロークによってはペニスを伝ってローションが中から漏れてしまうことがあります。

こうしたデメリットから、ヴァージンループがおすすめできないユーザーを割り出してみました。

・ペニスの勃起が挿入に耐えられる硬さに満たない方
・速さで快楽を求めるタイプのオナニーが好きな方
・一般的なペニスの長さよりも大きいという方
・騎乗位挿入を主体として気持ち良くなりたいという方

以上がおすすめできないイメージです。

とはいっても使ってみるとこのようなデメリットを感じることなく、最高の気持ち良さに包まれてオナニーのパートナーとして重宝することもあります。

続いてメリットを確認して頂くと、デメリットの部分が感じられない使い方ができるかもしれません。

多くの方が高評価となっているヴァージンループは、気になる魅力が満載です。

ヴァージンループのメリット

ヴァージンループのメリットも同じようにピックアップしてみましたので、デメリットと比較を行ってみましょう。

・4重螺旋構造が感動的な気持ち良さを演出
・軽量サイズで片手ストロークが簡単
・コストパフォーマンスに優れた価格帯
・細かなヒダとローションの組み合わせで抜群の興奮が及ぶ
・キツキツの挿入を楽しめてペニス全体が刺激される
・ストロークの調節で手コキとは別次元の気持ち良さ
・メンテナンスが簡単で繰り返し使える

これだけのメリットが口コミ・レビューから拾うことができます。何といってもヴァージンループは4重螺旋構造がアイテムのウリ。

ペニスの先から裏筋まで、男性が気持ち良いと感じるポイントをしっかり刺激する構造です。

さらには子宮口を再現するような膣奥は、亀頭が当たるたびに至福の気持ち良さを与えてくれるでしょう。

オナホールの中でも軽量タイプに位置するヴァージンループは、片手でもストロークが可能。

細かなヒダはストロークの度に感動が生まれ、ローションを加えると女性の膣内にアプローチを起こっているかのような錯覚を起こすほど。

ここまでのこだわりの構造なら、どうしても価格が高級になるイメージがあるでしょうが、ヴァージンループはお手ごろ価格で購入できます。

お好きなストロークでキツマンに挿入すると、あとは絶頂に向かって刺激を続けるだけ。

射精後は簡単に洗浄できるのと、繰り返し使えるというメリットも魅力的。

衛生的で経済的なアダルトグッズとして、ヴァージンループは多くの男性を喜ばせていることが伺えます。

お手ごろ価格で卑猥な体験を自宅で済ませたいという方の欲望は、きっとヴァージンループで満たすことができるはずです。

ヴァージンループの詳細はこちら!

ヴァージンループの特徴は?

ヴァージンループの特徴は、基本情報と併せて要チェック。

どんな魅力が人気を集めているかを学ぶことで、ほかのオナホールよりも購入したいという気持ちが生まれます。

まずは価格やサイズ、締まりや柔らかさについての情報を参照ください。

価格1280円(税込1382円)
重さ264g
サイズ全長14×最大幅7×内部長さ12.3(cm)
締まり度少女のようなキツキツの入り口から、中の4重螺旋構造がお出迎え
柔らか度高弾力素材でコシが強く、ギュッと握ってもストロークに影響ありません

入口から違うキツキツの挿入が感動的

ヴァージンループの最大の特徴はキツキツの膣口にあります。

クローバーのような入り口は、硬くなったペニスをねじ込むには適度な抵抗が興奮させてくれるはずです。

入り口からキツさを感じるでしょうが、挿入してからも感動的な締め付けが迎えてくれます。

ローションを加えても出し入れの際に抵抗を感じるのが、ペニスの竿を効率良く刺激。

経験の少ない女性と交わっているかのような錯覚が起こるほど、感動的な時間が続きます。

4重螺旋構造が中イキ必須の気持ち良さを演出

非貫通タイプのオナホールであるヴァージンループは、4重螺旋構造でペニスを様々な角度から刺激します。

挿入してからの気持ち良さは、縦横無尽に広がるヒダのせいです。細かなヒダが絡みつく感覚は、何度でも挿入したくなる依存性の高い構造。

男性の快感を分析したからこそ、複雑な構造でフィット感を高めています。中イキの誘惑は瞬く間に訪れるのがヴァージンループの特徴。

どんどんペニスの体力を奪われる4重螺旋構造の魅力は、遅漏の方でも即イキを果たしてしまうほどの快楽を与えてくれます。

お値打ち価格と繰り返し使えるコスパ

ヴァージンループの魅力は、使い捨てタイプではないのにお値打ち価格だという点も注目するべき。

風俗で低価格なオナクラを利用するよりも遥かに安く、それでいて何度でも使えるというのは、オナニーが大好きな男性には生唾ものの特徴ではないでしょうか。

1000円台で購入することができるオナホの中でも、洗って繰り返し使えて最高の気持ち良さが待っているアイテムは数少ないです。

多くの男性が魅了されるのは、紛れもない気持ち良さと価格のバランス。そこにプラスして繰り返し使えるというステイタスが満足度を高めているのでしょう。

価格以上に満足できるというイメージが定着したのは、ヴァージンループを購入した方々の体験が積み重なったものなのです。

洗浄さえ怠らなければ何度でも楽しめる逸品として、ヴァージンループは性生活を豊かにしてくれます。

ここでは3つの特徴をピックアップしましたが、ほかのオナホと比べて特化した特徴についてを解説しています。

口コミ・レビューを見ても分かる通り、まだまだヴァージンループには魅力が秘められています。

それを知るには、実際に使ってみなければわからないのです。

ヴァージンループの使い心地をレポ!

ヴァージンループについてのリサーチを進めていくと、実際に使用してどのような印象を持つのかが気になってしまいました。

ということで、ヴァージンループの使い心地をここでは紹介します。

数あるアイテムからヴァージンループを選択

アダルトグッズの通販サイトを眺めていると、手軽に試したいアイテムがいくつか目につきました。

その一つがヴァージンループだったのです。口コミを確認すると高評価の連続。これは試すしかないだろうということで、勢いのまま購入手続きを行いました。

同じようなハンディタイプのオナホはたくさん販売されているのですが、価格やコンセプトが希望に合致していたので即決断。

その行動は、実際に使ってみた時に正解だったと悟るのでした。

商品到着後は即オナニー

ヴァージンループが手元に届いたということは、早速気持ち良さを検証する時間です。

購入したからには自分の身をもってメリット・デメリットを見極めようという使命感が、商品の開封を急がせました。

見た感じは派手めなピンクで、見るからにオナホというのが一目でわかるデザイン。

部屋にこれが置かれているのを誰かに見られたら、絶対に冷ややかな目で見られそう。

そんな見た目が女性器なヴァージンループを手に取り、感触をひとまず確認。モチモチとした触り心地でオイル臭さは気にならない程度。

手にフィットする感じも悪くはありません。ただ、そのまま挿入するには抵抗が強そうだったので、一緒に購入したローションをペニスへ加えて挿入開始。

入り口は評判通りのキツさが感じられましたが、挿入できないという感じではありません。

むしろ、ズブズブっと飲み込まれるような感じが、個人的には凄く気持ち良かったです。

膣口は挿入した時の引っ掛かりがリアルで、生でセックスしている感じがしました。

ローションによって滑りが良くなっているのですが、中でローションの返りを抑えてくれているのか、外に漏れて白濁するようなことは無かったです。

このあたりは口コミに書かれていたデメリットとは違う印象でしたが、ローションの使用する量がちょうど良かったからだと推察しました。

ドロドロになるくらいのローションをまとわせてしまうと、どうしてもローション漏れは回避できません。

でも、適切な量で楽しむ分には、中の構造で漏れを抑止してくれる感じがしました。

ストロークは手でしごくのと同じくらいの動きでも、子宮口に先端が当たる程よいサイズ感。ヒダの絡みつきは、ヤバ過ぎて射精を我慢することができませんでした。

一気に絶頂を迎えてしまって中出しをしちゃったのですが、洗浄はとても簡単に済ませられました。

液体の洗浄アイテムを使って綺麗にすれば、中に入り込んだ精液も綺麗に取り除けました。

あとは乾燥させて保管をするだけ。連続して使用するには、中に精液が入ってしまってジュブジュブになりそうな構造。

非貫通型ということもあって、連続で挿入する快楽を楽しみたいなら、射精する場所は考えなければならない印象です。

ヴァージンループを使ってみて思ったこと

キツめなオナホールという印象が最高だったヴァージンループは、使ってみると購入前よりも好きになってしまいました。

色々な情報をかき集めて辿りついたアイテムだっただけに、メリットばかりが感じられたというのが正直な感想です。

標準的なペニスの大きさなら、ストロークにストレスを感じることもありませんでしたし、中のヒダは亀頭や裏筋にも絡みつく感じで、ちょっと摩擦を早くするだけでイケそうな気分。

やっぱりオナホはペニスのことを考えた秀逸なアイテムであることを、ヴァージンループを通して改めて感じさせられました。

金額相応の満足度ではなく、それ以上に楽しめたというのが今回の締めでした。匂いも気になりませんでしたし、サイズ感はちょうど良かったです。

ヴァージンループの詳細はこちら!

ヴァージンループシリーズとの比較、違いは?

ヴァージンループにはいくつかのアイテムが存在します。シリーズの比較を行うことで、自分に合ったアイテムを選択しやすくなります。

ここではヴァージンループシリーズの特徴をそれぞれ紹介します。

ヴァージンループ ハードタイプ

ヴァージンループにはハードタイプが存在します。

高弾力をさらに強化した作りは、強力なグリップでもしっかりペニスをホールド。

ソフトな感触では抵抗が薄いという方にとっては、中のヒダが強烈に感じられるハードタイプがおすすめかもしれません。

構造はヴァージンループもハードタイプも同じですが、質感の異なる2つのアイテムは、それぞれを経験すると好みがわかるはずです。

もっと膣内のヒダがペニスに与える刺激を強くしたいなら、迷わずハードタイプを選択することで満足できます。

ヴァージンループ エイトロング

膣内の構造がヴァージンループとは異なるヴァージンループ エイトロング。

8つのヒダが特徴の膣内は、お尻の穴のような締まりが絡みつく感覚を高めてくれます。

もっとヒダをペニスに絡ませたいという場合には、こちらのアイテムを使用することで満足度が高まります。

さらには、奥まで挿入しても長さが足りないというデメリットを解消。強いストロークで奥まで刺激したいという希望も叶えられるデザインです。

奥にはイボイボの刺激が準備されているので、膣奥まで到達したときの感動は素晴らしいです。

中の構造はストレートタイプですが、締め付けの強いデザインがペニスを迎えてくれるので、握ってピストンするだけで快感が止まりません。

ヴァージンループ ダブルモーション

柔らかな素材とダブルループの刺激によって、ネットリと絡みつくような感覚を演出。

3D形状で初めての快楽を楽しませてくれるというのがヴァージンループ ダブルモーションのウリです。

インナーループとアウターループがダブルで刺激。複雑な膣内を表現した独自構造は、ペニスへの密着度を高めています。

バキューム力にも優れたデザインは、中イキが我慢できない刺激を生み出します。

ヴァージンループ ダリンセブン

肉感的なデザインが人気のヴァージンループ ダリンセブンは、6本のヒダが膣内に設計されています。

安定したストロークが確保できますし、何よりもグリップ調節によって膣内の締め付けにアクセントが加えられるのが魅力です。

とても柔らかい素材なので、ペニスに絡むヒダも密着感が素晴らしいです。

バンジータッチ素材という伸びの良いヴァージンループ ダリンセブンは、むっちりとした挿入感を味わえる作りです。

素材のこだわりがペニスの快楽を高めてくれるのも、シリーズでも人気を維持し続ける魅力です。

同じヴァージンループという名がついているアイテムでも、それぞれに個性があります。

どんな気持ち良さを求めるかによって、いくつかのアイテムを使い分けるというオナニストもいるほど。

お好みの刺激を追い求めて比較していくと、きっと自分好みの逸品に辿りつくことができます。

基本となるヴァージンループを試してからでも遅くはありませんから、まずは細かなヒダと密着構造の魅力を感じてみるのがおすすめです。

ヴァージンループの手入れや保管方法など

ヴァージンループのお手入れはとてもシンプルで、中に貯まった精液やローションを綺麗に洗浄するだけで十分です。

アダルトグッズの通販で洗浄アイテムを購入できるでしょうから、お買い求めの際に一緒に購入するのを忘れずに。

お湯でも洗い流せるかもしれませんが、精液が中に残っていたり、ローションが落ちきっていなくて2回目以降の挿入に違和感が出てしまうかもしれません。

使って残念なイメージを持つよりも、最高のパフォーマンスで幸せを手に入れる方が良いでしょうから、メンテナンスはしっかり行いましょう。

手入れは難しいものではありませんし、誰でも簡単に実施できます。洗浄後は自然乾燥で中の湿気を取りましょう。

外側はタオルなどで水気を取っておくのも良いでしょう。劣化を防ぐためには埃の多い場所は避けてください。

オナホールを収納するアイテムも販売されていますから、長く利用したいという思いを叶えるためにも、保管にも気遣いを忘れずにいてください。

まとめ

これまでヴァージンループについての基本的な情報から、実際に使用した方々の口コミ・レビューを紹介。

さらには自らアイテムを試して率直な感想も書き連ねてきました。

ヴァージンループシリーズは特徴のあるアイテムがいくつも販売されていますから、特徴を踏まえてオナニーの質を高めてみてはいかがでしょうか。

誰でも簡単に購入できる手段が普及していますし、価格も試すにはちょうど良い良心的な設定なので、新たな快楽を求めて導入をご検討ください。

ヴァージンループの詳細はこちら!

あわせて読みたい記事

超気持ち良い?透明のオナホールおすすめ10選!
スケルトンタイプの透明オナホールは、出し入れの瞬間が生々しく見えるのも素敵なポイント。 普通のオナホールとは違って、見た目のインパクトと気持ち良さを兼ね備えた逸品は、多くの男性を虜にしています。 そんな透明オナホールにつ...