【難しい?】セルフフェラのやり方とコツ※自分でフェラはできれば最高!

 

自分が気持ち良くなるためのツボは自分が一番理解しているはず。

ということは、フェラも自分でできるようになると、女性にしてもらうよりも遥かに絶頂へ達する時間を短くすることができます。

ただし、誰もが自分でフェラができるわけではありません。

ここでは、セルフフェラオナニーの魅力や、未知なる境地を開拓するためのコツを紹介します。

すぐに快楽のスロットルを全開にできるので、手コキオナニーとは違った気持ち良さに包まれるはずです。

 

スポンサーリンク

自分でフェラが最高だった…セルフフェラオナニーとは?

自分でフェラをするなんて考えたことがないという男性も多いでしょうが、舐めてもらうことに多大な快楽を覚えている男性は、普段から気持ち良くなりたいという欲望を満たすための方法を模索しています。

その一つの解決策が、セルフフェラという新たな境地だったのでしょうね。

セルフフェラとはネーミングが指し示す通り、自分の口でペニスを咥えてフェラをして気持ち良くなることです。

こんな破天荒なプレイが存在するのだろうかと目を疑う人もいるでしょうが、気持ち良くなるために考え付いた一つの解決策が、自分で自分のペニスを咥えこむということだったのでしょう。

自分のペニスを咥えることに抵抗が無い場合しか体験できませんが、とにかく快楽の期待は膨らむはずです。

セルフフェラが本当にできるなら、ぜひともやり方を覚えたいという方も多いのが事実。

なぜかというと、どのようにフェラをすれば気持ち良くなれるかは、自分が一番わかっているからなのです。

女性にフェラをしてもらったけれど歯が当たって痛かったという経験や、バキュームが足りずに萎えてしまったということや、大した舐めることなく手コキばかりになってしまうといった、自分の希望とかけ離れて「フェラに良い体験が無かった」ということが引っかかっていると、「フェラは気持ち良くない」という誤解を生みます。

自分のことはほかの誰よりもわかっているでしょうから、性感帯となる部分の刺激の仕方や長く刺激してほしい場所だって、漏れなく体験できる時間が作れます。

セルフフェラの一番のメリットは絶頂に達するまでの時間が短くできることです。

息つく間もないくらい気持ち良い感覚の連続が股間から伝わってくるので、クライマックスへ向けて一気に突き進むことができる点が、多くの男性を虜にしています。

フェラでフィニッシュまでできるという体験は、風俗店でもなかなかいないという意見が多いほど、相性の良し悪しが大きく影響します。

せっかく気持ち良くても、ほんのわずかなセンスの違いが我慢の時間を生みます。それが即イキを達成させない阻害要因となるのです。

ところが、自分の気持ち良い部分を常に刺激し続けるセルフフェラなら、一気に絶頂へと気持ちを高めることができます。

その結果が、手コキよりも素早くイケる素敵なオナニーとしてセルフフェラにハマるのでしょう。

今すぐチャレンジできる!セルフフェラのやり方・体位

セルフフェラに興味をお持ちなら、実践できるかを確認しましょう。

どのようにして実践すると気持ち良い時間が手に入るかを学び、新たな快楽を手に入れてくださいね。

ここでは、今すぐチャレンジできるセルフフェラのやり方や体位の説明を行います。

セルフフェラのやり方

セルフフェラは自分の口でペニスを咥え込み、フェラチオをする行為です。

触れるだけでなく咥えこんでストロークができなければ、フェラの気持ち良さを演出することは不可能です。

自分の体の柔軟さを調べて、まずは姿勢を屈めてフェラができるかを確認してください。

シンプルに自分の口がペニスへ届くかを見極めるなら、立った状態で簡易的に行為の可否を見てみましょう。

また、スタンダードにセルフフェラを楽しむなら、座った状態で身を屈めるのがおすすめです。

このように、どちらかの体勢で自分の口にペニスが入る状況が作れるのであれば、セルフフェラの実行は大いに期待できます。

立った状態で行うセルフフェラ

立った状態で前屈するように体を曲げて、自分の口を股間に持っていくのが立位のセルフフェラです。

足を抱え込んでバランスを崩さないように咥えこむと、亀頭部分だけでなく根元まで深く刺激を行うことができるはずです。

亀頭責めが大好きなら、全力で前屈をしなくてもペニスを舐めることができる方も多いはず。

立った状態でするので、あまり興奮してフェラにばかり意識を向けてしまうと、体勢を崩して転んでしまうことがあります。

可能であれば背中を壁につけてオナニーを楽しむと、後ろに倒れ込んで怪我をするということもなくなります。

また、頭を上下するあまり貧血を起こしてしまわないようにも気を付けましょう。

ロックフェスのような勢いでヘッドスパンキングをするようにセルフフェラをすると、すぐに頭がクラクラしてしまいます。

快楽を高めるためにセルフフェラをしたつもりが、アクシデントで射精ができないなんてことがないようにしてくださいね。

座って行うセルフフェラ

座位でセルフフェラを行う場合には、自分の上半身を下半身に近づけるように行う場合と、いわゆるマングリ返しのような姿勢で下半身を引き上げて咥えこむという方法があります。

どちらを選択するかは自分の体と相談が必要ですが、ポイントは自分の口がきちんとペニスを咥えこむのに十分な距離を確保できているかです。

まずは座って疑似的にフェラをしてみると、体勢の苦しくない方法が見出せます。

座って身を屈めて行うセルフフェラは、バランスを取るために両手で両足を押さえて咥えこむのがおすすめです。

足は前に投げ出しても良いですし、あぐらの姿勢で行っても構いません。丸腰の姿勢が苦しくなく、首が苦しくなければ難なくフェラができるはずです。

姿勢のコツをつかむことで実現しやすい体位ですから、首のスナップでペニスを強烈に刺激してフィニッシュまで到達することができるのではないでしょうか。

女性の姿勢でいう「マングリ返し」の状態でセルフフェラをする場合には、下半身を前後させることでセルフフェラが気持ち良く味わえます。

つまり、座位で行う場合には上半身を起点とするのか、下半身を起点とするのかのどちらかを選択して実践できるので、動きやすいスタイルで抜くことができるのです。

動かしやすいところを自分で理解すると、セルフフェラはキツイという印象が払しょくできます。

どの体位でも体の柔らかさが必要か

どんな体位で実践するかは個人の体の柔らかさも関係します。

やり方を熟知して肉体に無理がかからない方法を見出して行うと、手コキオナニーよりも圧倒的に気持ち良い時間が流れます。

バキュームフェラから亀頭責め、柔軟な方であれば玉舐めまでも楽しめてしまうセルフフェラ。

新たな気持ち良さを手に入れると、オナニーの選択肢が大きく広がります。

特別な道具は必要なく、自分の体だけで体感できる方法なので、自分のペニスを舐めることに抵抗が無ければぜひとも体験してくださいね。

意外と難しい?セルフフェラを上手にやるコツ

セルフフェラは素晴らしい気持ち良さを演出するオナニーの方法です。

でも、誰もができるものではなく、意外と難しいと感じる方も多いのです。

では、どのような方がセルフフェラをするのが難しいかを説明します。

体が固いのは致命的

いくら自分が気持ち良くなるツボを知っていたとしても、いかなる体勢でもペニスが加えられなければ意味がありません。

体を屈曲させても咥えこむことができなければ、それはどうすることもできません。

ただし、トレーニングによって柔軟性を向上させることができる可能性がありますから、すぐにセルフフェラができなくても諦めないでください。

毎日コツコツ柔軟性にアプローチを行うことで、いつかは自らの快楽を開拓できる方法を手に入れられるかもしれません。

ペニスが小さくても困る

セルフフェラは柔軟性だけが全てではなく、ペニスの大きさも関係します。

いくら体が柔らかくても、ペニスが短小だとフェラまで到達できない状況が生まれます。

ペニスが小さい・短いという状態は、女性との交わりでもコンプレックスを抱くことがあります。

チントレによって増大を見込むこともできるでしょうが、セルフフェラの前に自分の肉体改造をしなければなりません。

このように、自分の体の問題でセルフフェラができないかもしれないのですが、体
質改善を試みることによって、やがてはセルフフェラの遂行に支障をきたさない状態になるかもしれません。

では、どのような対応策によってセルフフェラができるようになるかを説明します。

柔軟な体作りに励む

どんな人でも現在の体の柔軟性から、もっと可動域を広げることが可能です。

本来動かしている範囲は、その人にとって限界ではないのです。

力士が日々の稽古で体の柔軟性をアップさせるように、ストレッチやヨガを行うことで柔軟性にアプローチができます。

早ければ数か月以内にセルフフェラができるまでの柔軟性を手に入れることはできるでしょうから、努力を重ねて体作りを行うのもアリです。

食生活に気を遣うことで体の柔軟さをアップさせることも可能です。

普段から酢を摂取することで体が柔らかくなるとは良く言われているでしょうが、レモンやグレープフルーツなどに含まれているクエン酸も効果があります。

また、タンパク質を積極的に取り入れることも柔軟な体作りに役立ちます。

毎日の暮らしを見直すことは、健康増進に役立つだけでなく、オナニーライフの充実にも役立つかもしれませんよ。

ペニス増大もセルフフェラ達成に役立つ

ペニスが小さい・短いという悩みを抱いているのであれば、ペニス増大サプリを活用してみるのも良いでしょう。

もしくは、チントレを行ってペニスが勃起するときに運搬される血流量をアップさせるのも有効です。

ペニス増大は数か月単位で継続しなければ変化の有無はわかりません。

気長にペニスが勃起した時の大きさを育てていけば、セルフフェラが楽にできる日がきて、新たにオナニーのネタが拡大されます。

地道に努力を重ねて新たな快楽の扉を開けられることに達成感を覚える男性も多く、オナニーライフの充実も併せて実現するため、ペニス増大に役立つサプリメントを積極的に取り入れる動きも流行となっています。

ペニスを牽引するなどのチントレによってペニス増大を図ることも可能です。

アダルトグッズを専門的に扱っている通販サイトでは、ペニス増大のためのアイテムが充実しています。

最初は困難なセルフフェラも、諦めずに努力を重ねることで可能になり、やがてはオナニーのスタイルも自己解決で十分満足できる方法が磨かれると、オナニストとしての心も磨かれます。

セルフフェラのデメリットや注意点など

セルフフェラは気持ち良いオナニーとして多くの男性に受け入れられていますが、メリットばかりではありません。

デメリットも踏まえたうえで、毎日の性生活に取り入れるか否かを判断してください。

特別な道具を使うことなく強烈に気持ち良くなれる方法のセルフフェラ。そのデメリットをいくつかピックアップしてご紹介します。

腰にかかる負担が体調不良をまねくかもしれない

セルフフェラは柔軟性が必要な高等オナニーです。

たとえ自分の口でペニスを咥えこむことができたとしても、射精に至るまでのピストンに体が耐えられるかを考えてオナニーをしなければなりません。

気持ち良さを感じていたとしても、負荷がかかり過ぎて腰を痛めてしまっては意味がありません。

自分の体と相談しながらオナニーをするのが基本ですから、体勢がキツくて気持ち良さが半減してしまうようであれば、ほかの方法でオナニーをするのも良いでしょう。

無理をして日常生活動作に不便をきたしてしまうと、オナニーをすることにも萎えてしまいます。

ペニスを傷つけない気遣いも必要

セルフフェラは自分の体の柔軟性を活かして楽しむオナニーの方法です。

いくら自分が気持ち良くなるためのコツをわかっていたとしても、無理な体勢では体の制御が利かずにペニスを強く咥えてしまうことがあるかもしれません。

体に痛みが走ることにびっくりして歯を立ててしまい、亀頭に傷をつけるというリスクがあることも忘れないようにしましょう。

安全に抜けるというのがオナニーを楽しむ上では大切ですから、無理をしてペニスが痛くならないように配慮しなければならないのです。

イケるまでの持続性も考えるべき

セルフフェラは射精に至るまでの気持ち良さを生み出すことができるかも考え、無理のない範囲で抜くように心がけなければなりません。

気持ち良く射精感を高めるには、快楽のツボをどんどん掘り下げていく必要があります。

風俗店で女性がフェラで男性をイカせるのに苦労するということは珍しくありませんが、セルフフェラでも同じことが言えます。

自分の体力と相談しながら持続性も踏まえ、セルフフェラの使いどころを考えてオナニーをすると、興奮度MAXの状況を作り出すことも可能です。

手軽にフェラ風オナニーを体感するには?

セルフフェラはハードルが高いと思っている方は、無理をせずにフェラ風オナニーが楽しめるアイテムを駆使しましょう。

アダルトグッズを専門的に扱っているところでは、フェラの気持ち良さを再現したフェラホールが販売されています。

このアイテムはオナホールの内部が膣内を再現したものではなく、口内を再現したものです。

舌がペニスを刺激する感覚を演出している素晴らしいアイテムなので、一般的なオナホールを使ったことがあるという方はもちろん、まだオナホールの気持ち良さを知らないという方にもおすすめです。

自分のペニスを咥えるのは抵抗があるという方もいるはずです。

でも、女性にしてもらうような艶めかしい舌使いで気持ち良くなりたいという欲望を捨てきれないなら、いっそのことフェラホールを使ってみましょう。

どのようなアイテムを手にするかは、通販サイトでじっくり吟味してください。

苦労して快楽を得るというのも達成感がありますが、フェラホールの気持ち良さを知ってしまうと、手軽に最高の快楽を味わいたいという気持ちになびくはずです。

おすすめのフェラホールまとめ!

癖になるフェラホールのおすすめ10選!フェラ好き必見の売れ筋オナホはこれ!
女性の口内を表現した極上な気持ち良さを演出するフェラホール。 オナホールにも色々な形があって、女性のフェラに欲情する男性のためのアイテムも開発が進んでいます。 ここでは、オナホールの中でもニーズを拡大しているフェラホール...

まとめ

セルフフェラは自分自身が気持ち良くなるためのコツを熟知した状態で行うため、あっという間に射精が促されて幸せに包まれる時間が得られます。

ただし、体の柔軟性が無ければ実現が難しく、気持ち良くなるためにコツをつかむ必要があります。

自らのツボを刺激し続ける時間を手に入れるのもおすすめですし、フェラホールを使って疑似的にフェラをしてもらっているという雰囲気の中で抜くのも、性生活を充実させるためにはおすすめです。

どちらを利用するかは個人によって判断がわかれるでしょうが、せっかくなら手コキオナニーだけでなく、色々な方法で気持ち良くなれる手段を持ちましょう。

その方が気分に合わせてお好みの方法を選択して、幸せを噛みしめて絶頂を迎えられるようになります。