男の潮吹きオナニーのやり方!危ないほど快感が押し寄せる…

出典:男の潮吹き メスイキドライオーガズム

 

潮吹きというキーワードを聞くと、「女性が気持ち良くなって出してしまうもの」というイメージがあるかもしれませんが、男女問わずに潮吹きは起こります。

どちらも性的刺激によって快楽を感じて起こる自然な反応なのですが、男性の場合は潮吹きを経験したことが少ないのが一般的。

でも、一度体験すると最高に興奮するという状況から、何度でも潮吹きを楽しみたいという気持ちにさせられます。

そんな癖になるような快楽を味わうことができる男の潮吹きは、正しい知識を持ってポイントを押さえて刺激を行うだけで達成できるかもしれません。

ここでは、男の潮吹きの基本から、実際のプレイで楽しむためのコツ、実践する場合の注意点も含めてご紹介します。

 

スポンサーリンク

男の潮吹きとは?女性との違い

 

男性が潮吹きをするというのは、AV作品でしか見たことがないという方も多いはずです。

女性が潮吹きをするのはよく見かけますが、男性が潮吹きをするのはどうしてなのだろうという素朴な疑問が誰しもあるはずです。

ここでは、男の潮吹きの正体や、女性との違いをまとめます。

これから潮吹きによる新たな気持ち良い時間を手に入れようと思っている方は必見です。

知っているだけでも自分の体の不思議が少しだけわかるようになるかもしれませんよ。

男の潮吹きとはなにか?

 

男の潮吹きというのは、射精のように精液がペニスから放出される状態ではありません。女性の潮吹きと同じように、精液ではない何かが放出される行為を指します。

しかも、男の潮吹きは一度射精が終わってから起こることが多く、2回イキの気持ち良さを高めてくれます。

押さえきれない感情をあらわにすることで起こる現象なので、人生の中で経験したことがないという方も多いのです。

尿を排出するような感覚とも異なります。排尿も気持ちが良い行為ですが、もっと具体的に潮吹きのシチュエーションを表現するなら、散々おしっこを我慢して、やっとトイレで大放出した時の充実感。

それこそが、男の潮吹きの感覚に近いのです。

射精ではない魅惑の体験は、まだまだ謎多き現象として広く正しい知識が周知されていないのですが、まだ味わったことがない感覚を開花させると、きっとオナニーまでも楽しく感じられるようになるでしょう。

潮吹きの仕組みと液体の成分

男の潮吹きの仕組みは、尿道から精液が発射されるように、無色透明な液体が発射される現象です。

ただし、尿も一緒に出てしまうこともあるので、そのような場合には尿の色した分泌物が一部出ることがあります。

厳密には精液とも違って尿とも違う成分の潮。成分的には汗に近いとされています。

精液も射精直後と時間が置いてから流れてくる成分に違いがあるのですが、潮吹きで出てくる分泌物は、精液とは全く違うものとして認識するのが良いでしょう。

潮吹きが起こるプロセスは、射精するほどの絶頂を味わった直後に、さらに亀頭を刺激しながら快楽を高め、股間が熱くなってきたのを通り過ぎるまで刺激を継続させることで、我慢できない欲望が潮吹きとなって発射されます。

はじめはくすぐったさが強くて刺激をやめてしまう方も多いのですが、それを乗り越えると潮吹きが達成できます。

男性の潮吹きは人によっても一度に排出される量が違い、少ない人だと2~3ml程度です。

でも、大量のスプラッシュとなる場合には、一度に200~400mlも排出されることがあります。

オナニーをする前に尿意を我慢していると、潮吹きは尿混じりで出てくることが多いです。

これから潮吹きをするという時には、一度トイレで用を足しておくと、匂いもほとんど感じないような透明な液体の潮吹きになるはずです。

潮吹きの快感は忘れられない

出典:男の潮吹き240分

男の潮吹きは感動的な気持ち良さがあり、ムズムズする感じを我慢して訪れるという方が多いせいか、また潮吹きを起こしたいと感じることが大多数。

一般的な射精とは異なるオーガズムが体中を包み込んでくれます。

男性は射精の瞬間だけ快楽を感じやすいのが特徴ですが、ドライオーガズムと同じように、潮吹きは持続する気持ち良さにうっとりできます

一瞬の快楽のためではなく、長く続いて体がゾクゾクするような思いをする方が、オナニーへの満足度がアップします。

すでに何度となく潮吹きを体験している男性にとっては、潮吹きの瞬間の感動はわかっています。それでも快楽に浸るために、多くの方が潮吹きするまでペニスを弄びます。

「今まで感じたことがないような気持ち良さ」という表現こそ、男の潮吹きの醍醐味なのではないでしょうか。

女性の潮吹きとの違い

女性は前立腺にあたる部分で潮が作られていると考えるのが一般的です。プロセスとしては前立腺液が潮になるというイメージでしょうか。

ところが、男性は前立腺液から潮が作られると考えるのであれば、精液のような生々しい香りがします。

潮吹きを体験するとわかるでしょうが、精液のような生臭い感じがしないため、男性の潮吹きで分泌されるものは、女性のような明確な解明が成されていないのが現実です。

とても不思議な現象ではあるものの、男性にも潮吹きが起こることがわかっている以上は、女性と何が違うのだろうかと思うでしょう。

ただ、男性の潮吹きは様々な憶測が成されているものの、はっきりとした解明がされていないのも特徴です。

神秘的な現象であることは間違いないのですが、これから潮吹きのことがわかるようになると、もっと魅惑の情報が新たに加わることもあるのです。

イッた後の追刺激が重要

女性は膣内を刺激することで潮吹きが成されるのが一般的ですが、男性は一味違います。

一度射精してからの時間が、潮吹きを実現させるゴールデンタイムとなります。

しかも、イってから数分のうちにペニスを刺激しなければなりません。男の潮吹きをするには、悠長に構えていては実現しません。

射精後の時間にタイムラグが生じないように配慮して、常に性的刺激の中に晒すことでさらなる快楽の扉が見えてきます。

女性ほどの潮吹きチャンスはない

男の潮吹きは女性ほどチャンスが多くなく、わずかなタイミングを逃さずに刺激を送ることが必要です。

女性は一度堪えきれる状況があっても、そこから刺激を高めて一気に潮吹きまで駆け抜けることができます。

男性は一度チャンスを逃してしまうと、なかなか潮吹きに至るまでの刺激が起こりません。

潮吹きに至るまでの段階も女性とは違うので、射精するまでの時間が長い人は、ペニスを弄ぶのに疲れ果ててしまうこともあります。

自分では潮吹きが実現できない場合には、パートナーの手を借りて刺激を高める方法も有効です。

女性よりもタイトなタイミングで潮吹きのチャンスが訪れますから、イクためのポイントを押さえて無駄なくテンションを高めましょう。

男の潮吹きオナニーのやり方!

 

男の潮吹きオナニーは、流れがわかっているだけでも実現する可能性が高まります。何気なく刺激を行っていては、潮吹きまでに行為に飽きてしまいます。

着実に最高のエクスタシーを求めるなら、遠慮なく潮吹きができるような環境を整えることから始めなければなりません。

ここでは、潮吹きを達成するための準備ややり方を紹介します。

潮吹きオナニーの準備

潮吹きをするということは、ペニスからこぼれ落ちるくらいの状況か、盛大に周囲に撒き散らすような状態になるかは、起こってみなければわかりません。

ですから、周囲が汚れないようにしておくことが大切です。

潮吹きの光景を目に焼き付けたいのであれば、終わってからサッと拭き取れるようなところでオナニーを始めましょう。

フローリングのお部屋だと、広範囲に潮が飛び散っても簡単にお掃除ができます。一方、カーペットの部屋で潮吹きをしてしまうと後始末が大変です。

尿混じりの潮吹きをしてしまうと、おしっこ臭いにおいが部屋に充満します。そんな環境を家族に知られてしまったら、誰だって気まずくなってしまいます。

潮吹きの光景は見なくても良いとお考えなら、タオルを一枚犠牲にして、潮吹き直後にタオルで分泌された液体を受け止めると良いでしょう。

そうすることで後始末に苦労することはなくなります。興奮度を高めるためには、アダルト動画をいくつかピックアップしておくことも有効です。

男の潮吹きは通常の射精を超えてから起こるものですから、一度絶頂を味わって射精を済ませなければなりません。

すぐにテンションがアップするような鉄板ネタを用意しておくと、性的欲求が減退する射精直後のいわゆる「賢者タイム」も乗り越えることができます。

射精してペニスがギンギンの状態のうちに、潮吹きを実現するためのアプローチに切り替えることが、高確率で潮吹きを実現させるコツとも言えるのです。

潮吹きオナニーのやり方

 

潮吹きオナニーは女性のように一発で実現できるわけではありません。ある程度のコツを身に着けて、正しい方法でペニスを弄ばなければなりません。

扱いが間違っていると潮吹きはもちろん、気持ち良いという感覚さえも薄れてしまいます。だからこそ、力の入れどころをきちんと見極めなければなりません。

まずはいつものオナニーで一度射精する

潮吹きオナニーは、一般的な手コキでペニスを刺激するオナニーから始まります。

なぜなら、一度絶頂を味わってからでなければ、潮吹きオナニーへ移行することができないのです。

射精を伴わないドライオーガズムとも違い、一度射精を味わってから行うのが男の潮吹きのセオリーです。

ですから、まずは普通にイク環境を作らなければなりません。あまり射精までモタモタしていると、潮吹きまでペニスの元気が耐えられないこともあります。

いつもは絶頂を迎えるまで長い時間をかけているような人でも、一気に興奮を高めて即イキするくらいで臨む方が潮吹きが成功します。

射精後も手を緩めずペニスをしごく

射精を済ませたのであれば、いよいよ男の潮吹きまでもう一歩です。自分のツボになるような刺激を射精直後も緩めずに行うことが大切です。

最初はくすぐったくても、徐々に股間が熱くなってきます。尿意を感じるような刺激が起こっていると、潮吹きまでもう一息です。

潮吹きを手助けしてくれるアイテムを使ったり、一番銀間になっているペニスの先端を重点的に刺激したり、もしくは風俗のプロにお力添え頂くことも可能です。

どんな方法でも良いので、イってからの時間を無駄にしないということだけは忘れないようにしましょう。

股間がムズムズしてきたらあと一歩

さて、一度射精を済ませたのであれば、そこからが勝負です。間髪入れずにそのままペニスを刺激し続けて、股間がムズムズしてくるかを見極めましょう。

最初はくすぐったく感じたり、イってすぐはペニスが敏感になっているので、つい刺激を緩めたくなってしまいます。

ところが、そこでアメを与えると、潮吹き実現が遠のいてしまいます。ガンガン刺激を加えて我慢の限界を誘発させることが、潮吹きオナニー成功のカギです。

射精後に敏感になっている亀頭部分をこねくります和すようにグリグリ刺激すると、どんどん放尿したいという意識が強くなります。

尿意が我慢できないという状況を迎えると、煌びやかな液体がペニスから発射されます。

それこそが、男の潮吹きを実現した瞬間になるのです。いつもならやめてしまう一線を越えて刺激を続けることこそ、男の潮吹き成功の秘訣です。

自分でやると途中でやめてしまうという方は、誰かに刺激をしてもらうのもアリです。

実際にM性感のサービスで潮吹きが注目されるようになったように、原点となるサービスを受けることで、イキやすい体を作ることも可能です。

一度潮吹きを味わうと、次からも吹きやすくなるというのが特徴です。何度となく快楽を味わうためのスイッチをどこで押してもらうかは、十分に考えながら行動しましょう。

自分でも達成できるかもしれませんし、誰かにしてもらう方がしっくりくるかもしれません。

それは人それぞれ違うので、一概に一つの方法で潮吹きができるかを検証するのはいけないのです。

自分では潮吹きができなかったという時には、次の一手を講じて達成できるかを考えましょう。

達成できなくても諦めないのが大切

潮吹きはコンディションによっても達成の有無が変化します。もしも一度のチャレンジで潮吹きができなかったとしても、それで諦めるのは早いです。

何度もチャレンジすることで刺激に慣れてイキやすくなるということも十分考えられます。

射精に時間を要してしまうと、ペニスだけでなく体も疲れている可能性があります。

あまり長時間弄んでから潮吹きをさせようとしても、射精直後にペニスがぐったりしているかもしれません。

男の潮吹きは射精して数分が勝負の分かれ目だと考えると、「今日はムリだな」と思えるポイントがわかるようになります。

ただ、日を変えて再チャレンジすると、今度は憧れのスプラッシュと幸せな快感に浸ることができるかもしれないのです。

水分補給もイキやすさをアップさせる

男の潮吹きは人によって発射する量が異なります。ただ、水分が足りない状態では、尿が少量しか出ないのと一緒で、潮吹きしにくい状況を作ります。

せっかく潮吹きオナニーをしようと思っている場合には、いつもよりも多めに水分補給を行うのがおすすめです。

一度排尿しても水分を摂取しているなら、大量の潮吹きを堪能できる確率はアップします。

少量でもエクスタシーは十分感じられますが、見た目にも派手にインパクトを出したいのなら、水分調節を行いながら潮吹きの醍醐味を楽しみましょう。

誰でも潮吹きができる可能性があるものの、ポイントを押さえているだけでも成功率が異なります。

せっかく気持ち良くなりたいなら、可能性が高まるような行動を心がけましょう。それだけでも幸せが訪れる確率を高めることができるのです。

男の潮吹きのコツ

 

男の潮吹きはいくつかのコツがあるので、それを知っているだけでも大きなアドバンテージになります。

どうすれば成功するかは、これから紹介するポイントを考えて実践するだけ。

何も知らずに潮吹きをすることはできないので、まずはコツをつかんで効率よく刺激を行うようにしましょう。

亀頭マッサージの体得は必須

男の潮吹きが描かれているAV作品を見ると一目瞭然ですが、どの女優さんも亀頭攻めを行っています。

ペニス全体を刺激するオナニーではなく、亀頭に特化して刺激をするのがポイントです。

亀頭マッサージは掌で亀頭をグリグリこねくり回すように刺激をすることで、尿意が抑えきれない状況をまねきます。

亀頭の先端部分を刺激するだけでは、ドライオーガズムを引き起こす刺激になってしまうので、あくまでマッサージをしながら亀頭部分を弄ぶという印象を持つのが良いでしょう。

AV作品を見て学習すると、意外にもハードなタッチでペニスを刺激していることに気づくはずです。

ゆっくりと興奮を高めるのではなく、スピーディーにペニスを刺激するというイメージで亀頭マッサージを行うと、男の潮吹きへと近づくことができます。

爪を立てて亀頭を刺激するのではなく、掌全体を使って色々な方向にペニスを揺さぶるようにマッサージを行っていくと、射精する感じが再び起こります。

その感覚を忘れないようにしなければ、一度の成功ではなく何度となくイケる体になることができるでしょう。

亀頭責めにおすすめのアイテム!

亀頭ローターのおすすめ10選!亀頭責め・オナニーに最適な男性用はこれ!
男性のペニスをじっくりと刺激する亀頭ローター。 オナニーの新たな刺激を味わうことで、手コキとは違う魅力にハマってしまう男性が多いはず。 自分では持続して刺激できない亀頭部分は、アダルトグッズを使って快楽を与えるべき。 ...

電動オナホも活躍する

亀頭マッサージは自分の手もしくは誰かにしてもらうということになりますが、現代のアダルトグッズの秀逸な機能を活用したオナニーも、高確率で潮吹きを達成させてくれます。

しかも、電動オナホはホール内でスプラッシュすることができるので、周囲を汚すことなく絶頂を味わうことができます。

電動オナホはアダルトグッズを専門的に扱っている通販サイトから購入すると、家族に知られることなくゲットできます。

一般的な通販サイトだと、せいぜい時間帯指定ができるくらいでしょうか。

でも、アダルトグッズを専門としている通販サイトは、周囲に購入したことがバレないようにするための対応が素晴らしいです。時間帯指定はもちろんのこと、営業所止めや局留めも行ってくれるので安心です。

コンビニでの受け取りにも対応するところが増えてきましたし、中身がアダルトグッズだということがわからないような品名にしてくれるという配慮まで成されています。

ここまでの環境が整っていれば、電動オナホを購入するというところで躓くことはありません。

電動オナホは複雑に動いてくれて、手を添えるだけで絶頂を迎えてくれる機能が人気です。

ただし、潮吹きをさせるための刺激を重点的に行うことができるのも魅力です。最初はフレキブルに刺激を行いながら一度目の射精を誘います。

それからは亀頭だけを責めるように刺激をシフトさせると、あっという間に男の潮吹きができるかもしれません。

自分の手では潮吹き前のムズムズした感覚で刺激が緩んでしまうこともあるので、体の感覚に左右されない安定した刺激を送って興奮させるというのは大切です。

潮吹きができないという理由にあがりやすい、自分で自然と刺激をストップさせてしまうという状況を起こさせないためにも、電動オナホは大活躍するのです。

ただし、電動オナホにも色々な価格帯があります。どのようにしてオナニーを楽しみたいかを考えると、刺激のバリエーションで必要なものが見えてきます。

潮吹きをさせたい場合には亀頭を重点的に攻めるような刺激パターンがあると良いでしょう。

電動オナホはペニス全体を複雑に刺激するようなものという認識が強いでしょうが、いくつもの刺激パターンがワンタッチで変えられるものも増えているので、自分の理想とする刺激を送ってくれるアイテムとしてみなすこともできるようになっています。

アダルトグッズは上手に活用すると、高確率で未体験ゾーンを開花させることができます。

男の潮吹きを自分の利き手に委ねるには荷が重いとお考えなら、遠慮なくアダルトグッズを活用しましょう。

それが成功への近道を作ってくれることもあるのです。電動にこだわらず、自分で刺激を行うようなオナホを使って亀頭を重点的に攻めるというのも良いでしょう。

電動だとコストが気になるという方は、使い捨てオナホを使ってグリグリと刺激を送ると、潮吹き達成が近づいてくるかもしれません。

最初にオナホ本来の使い方で即イキをさせると、男の潮吹きに費やす時間の節約にもなります。

あまり長い時間ペニスを刺激して疲れさせないようにするためには、イキやすい方法をはじめに使っておくことで潮吹きの可能性を高めることもできるのです。

おすすめ電動オナホまとめ!

電動オナホールのおすすめ10選!VRとの組み合わせが最高の電動オナホはこれだ
オナニーも自分でしごくのではなく科学の力に身を委ねる時代。 電動オナホールは、気持ち良さを刺激する様々な動きでペニスを絶頂へと向かわせてくれます。 もしもVRと組み合わせて使うなら、きっと女性とセックスしているかのような...

専門の風俗へ行く

男の潮吹きを簡単に達成できる方法は、やっぱりプロの手に身を委ねることも選択肢としてあっても良いのではないでしょうか。

男性をとことん責めるM性感などのお店なら、多くの風俗嬢が潮吹きをさせています。

男性のツボを知っているだけあって、マグロ状態でもびっくりするほどの快楽を楽しむことができます。

一切攻めることができないようなお店であれば、比較的安価でサービスを受けることができます。

もちろん、普通にいちゃいちゃして一発発射したいなら、ヘルスやソープなどの抜きのサービスにこだわってお店を選ぶのも良いでしょう。

お店のスタイルをあらかじめ把握してから伺うことで、潮吹き達成の可能性はグンとアップします。

せっかく風俗を利用するなら、気持ち良い時間を過ごしたいというのが男性の心理です。

ただ、プレイ内容にこだわってお店や風俗嬢を選ばなければ、高いお金を支払ったのに気持ち良くなかったという後悔だけが残ってしまいます。

潮吹きに特化して風俗を利用するなら、標準的なサービスに男の潮吹きが含まれているようなところを選ぶと、もれなく絶頂体験ができます。

プロの技は生唾もので、自分では潮吹きが達成できなかったとしても、いとも簡単に自分の未開拓のツボを刺激してくれることがあります。

対応してくれる女の子との相性もあるでしょうが、味わったことのないような時間が流れると、思いもしない大量スプラッシュを体験することになるでしょう。

すっかり風俗にハマってしまって、自分でするオナニーには一切の興味を示さなくなってしまうこともあるほど、プロの磨かれた技術は男性を魅了するのです。

マットプレイを専門にしているようなお店でも、サービスの中で潮吹きを掲げているところがあるので、必ずしもM性感にこだわる必要はありません。

本当に潮吹きをさせてくれるかを確認したいのであれば、風俗体験談や口コミサイトを参考にすると、サービスへの期待が膨らみます。

パネマジやプロフィールに騙されてがっかりしないようにするためにも、十分な下調べをしてから利用するのが成功のカギとなります。

自分では潮吹きの扉を開けることができなかった場合には、風俗嬢にコツを聞いておくのも忘れずに。

ほんのわずかなテクニックの違いが、大きな結果の違いに繋がっていることもあります。

自分よりも経験豊富な人にアドバイスを受けると、今度は潮吹きオナニーが自宅で達成できるかもしれません。

そうなれば、一度の風俗は安い投資に思えるのではないでしょうか。

なかなか潮吹きができずに悩んでいるなら、プロの技に任せてみると打開策が見つかることも珍しくありません。

それなりに男性を相手にしている人の方が、男性の気持ち良くなるツボを知っているのです。

男の潮吹きのコツを自分でつかむか誰かにヒントをもらうかは自由です。

今の快感に満足したくないという向上心を持っているなら、新たな気持ち良さを手に入れて模索するのは大いに推奨します。

射精とは違う新しい一面に触れることで、性への興味がさらに深くなります。潮吹きの感動はその瞬間だけでなく、噴き出した後も続く恍惚とした感覚が癖になります。

決して怖いものではなく、人の幸福を引き出すスイッチですから、コツを覚えて実践してみましょう。

男の潮吹きは危険?やるときの注意点は?

 

男の潮吹きはどうやってやるのかを知らない人が実践すると、達成できずに終わってしまうということが多いのも特徴です。

しかも、激しくペニスを刺激してしまい、何らかのデメリットが及びます。

ここでは、どうして潮吹きを試みると危険が及ぶのかをご紹介します。

間違ったやり方で失敗していた原因が見つかるかもしれませんので、まだうまくいったことがないという方は必見です。

タイミングが悪い

男の潮吹きはわずかなタイミングを逃してしまっている方が大多数です。いきなり潮吹きができるのではなく、一度絶頂を味わった直後の時間がチャンスです。

それを知らずに亀頭攻めばかりを行っても、ドライオーガズムを引き起こすことはできるかもしれませんが、いくら待っても潮吹きは実現しません。

むしろ、グイグイ先端部分ばかりを刺激していると、痛みが生じてしまいます。射精直後の「賢者タイム」は、休息の時間ではなく攻め時です。

ペニスがぐったりしているからといって休息をとってしまうと、せっかく敏感になっている時間が無駄になってしまいます。

そこで刺激を加えて再度勃起を促すことによって、潮吹きに向かって歩みだすことができます。

もしも射精直後に刺激を行っていないようであれば、いつもは一休みする時間を再刺激に費やすことで、うまく潮吹きができるかもしれません。

また、一度射精させてからでなければ潮吹きは起こりませんから、まずは一回イクことに力を注ぎましょう。

ヌキに時間をかけすぎている

どれだけ屈強な体力の持ち主でも、ヌキの時間に多くを費やしてしまうと、肝心の潮吹きタイムまでにペニスの元気が保てないということがあります。

サクッとヌクことができるようなオナネタをあらかじめ用意しておくことも、潮吹き達成には重要なポイントです。

あまり一回目の射精に時間と体力を使ってしまうと、それからの追い込みに体がついていかないということが起こります。

最終地点は潮吹きであることを踏まえて、まずは射精を楽に達成できるような状況を作ってみましょう。

ロングタイムでオナニーをするのは危険だということがわかっていると、いつもよりも早めにイクということも可能になるはずです。

やり過ぎは遅漏をまねく

潮吹きにハマってしまうと何度となく吹かせたいという欲望が膨らみます。

でも、毎度潮吹きまでする流れでオナニーをしてしまうと、なかなかイカないという遅漏になってしまいます。

セックスを楽しむには相手を喜ばせる状況が作れるでしょうが、潮吹きはおろか、射精ができないという状況に陥ってしまうと大変です。

あまり頻回に潮吹きをするよりも、たまに味わうご褒美的に楽しむようにすることが体にとっては良いのです。

周囲の影響も考えるべき

もしも潮吹きが達成できたとすると、周囲に大量の潮が飛び散る可能性があります。その日のコンディションによっては、驚くほど広範囲に潮を撒き散らすことがあります。

2~3ml程度の少量であれば問題ないでしょうが、牛乳パック1つ分くらいの大量な潮が一気に噴き出すと、タオル一枚では抑えきれないこともあります。

寝具はおろか、電化製品に大量の水分が入ってしまうと、どうなるかは容易に想像できるはずです。

スマホでアダルト動画を見ながら抜いて、そのまま潮吹きまでを実現させる場合も要注意。

スマホが水浸しにならないように避難させることを忘れないようにしてください。

このように、いくつかのリスクを見越して行動するだけでも、困ったことにならずに充実した性的欲求を発散するための時間が過ごせます。

潮吹きの気持ち良さは癖になる人が多いのですが、一度の快楽で多くの犠牲を払うことにならないようにしなければなりません。

ここで掲げた注意点を参考にしながら、楽しい性生活を送ってください。

男の潮吹きはどんな人におすすめ?

 

男の潮吹きは、多くの方におすすめしたい性的欲求を満たす手段です。

では、どのような人にメリットをもたらすのでしょうか。

ここでは新たな境地を体験するべき人に注目してご紹介します。

普通のオナニーに飽きたらやるべき

男の潮吹きは、新たな快楽を開拓したいという方におすすめです。ありきたりなオナニーとは違って、感動的な気持ち良さに包まれるのが大きな魅力です。

しかも、いつも成功するとは限らないというのも、風俗店で良嬢に会えるかを期待しながら伺う感覚に似ていて、ドキドキがさらなる興奮を高めてくれます。

確実ではないという不確定要素は、時として人を魅了します。

手コキで抜くだけで虚しさだけが募るというのであれば、一度射精してからもうひと頑張りしてみると、今までとは全然違った最高の瞬間に満たされる体験ができます。

普通と違う体験を味わうと、いつものオナニーだってもっと気持ち良く感じられるのではないでしょうか。

新たな可能性を切り拓きたい方もおすすめ

人の体の神秘に触れることで、新たな性への目覚めが起こるのが潮吹きです。

射精とも違った気持ち良さですから、気分に合わせてオナニーの使い分けもできるようになります。

ワンパターンな性処理とは違って、自分の好みに合わせて自在に快楽を求められるようになれば、オナニーに対する概念が大きく変わるはずです。

挿入しなくても味わえる幸せがあるということがわかると、パートナーを求めて多くの時間やお金を使うことなく、自己解決できることも増えます。

一人でする性行為がこんなにも素晴らしいのかと思えるのは、新たな可能性に触れたときに起こるのです。

AVのような妙技を手に入れたい人にもおすすめ

男の潮吹きなんて、AV男優しか達成できないものと思っている方も多いはず。でも、素人だって正しい方法がわかっていれば、実現できないものではありません。

むしろ、ツボを押さえて刺激を行えば、100%に近い確率で潮吹きを達成させることもできるようになります。

一度体験すると潮吹きはしやすくなるという特徴を持っています。

だからこそ、AVのような妙技を手に入れて、手コキオナニーやセックスと違った快楽を経験することが大人の魅力を高めます。

画面越しにしか見たことがない光景を、自分自身で味わってみるのも良いですよ。

まとめ

男性の性への新たな目覚めを開拓する潮吹きは、コツをつかんで実践することで変化が期待できます。

今まではオナニーやセックスでしか感じたことがなかった快楽が、新たな形で目を出します。

それが、男の潮吹きというシチュエーションなのです。

これまでに潮吹きにチャレンジしたけれど成功しなかったという方でも、もう一度基礎から学んで実践するだけで違いが出るはずです。

快楽の形は一つではなく、幾通りもあって良いものです。

ヌキのラインナップに潮吹きが加えられるようになると、きっと素晴らしい性生活が遅れるようになります。