【閲覧注意】尿道オナニーのやり方と注意点まとめ!

出典:貴方を見つめながら尿道責め

男性が求める快楽の世界は、今までとは違った新たな境地を目指したくなる人も多いもの。

ありきたりなオナニーではなく、革命的に気持ち良い方法を模索すると、いつしか高度なテクニックが必要なものに目が行くようになります。

ここでは手コキのオナニーとは違った素晴らしい気持ち良さを味わうことができる尿道オナニーをご紹介

本気で気持ち良くなりたい人を後押しする尿道オナニーは、コツをつかめば最高の性的欲求を満たす方法として活躍します。

そんな男性の欲望を叶えてくれる尿道オナニーの全てをここでは紹介します。

 

スポンサーリンク

閲覧注意!尿道オナニーとは?

尿道オナニーは生粋のオナニストが辿りつく新たなヌキの方法です。

ただし、やり方を学ばずに我流でしようとしても、なかなかうまくいくものではありません。

尿道オナニーはコツが必要な行為になりますので、どんなものかをきちんと学んでから、実践へと移りましょう。

そもそも尿道オナニーとはどんなものかを知らなければなりません。

男性のペニスは精子が放出される尿道が亀頭の中心にありますが、普段は排尿をするという機能も兼ね備えています。

つまり、尿道口から排泄物や精液を排出するというのが一般的な働きです。

一方、尿道オナニーはそれとは逆で、普段は何らかの液体を放出する尿道の部分へアダルトグッズを挿入し、膀胱近くにある前立腺を刺激することで快楽を得るというのが魅力です。

尿意を我慢していたのが解放された瞬間は、誰もがスッキリとした感覚と、何とも言えない快楽を経験したことは無いでしょうか。

尿道オナニーは一般的なオナニーとは違い、新たな快楽を感じることができる貴重な方法なのです。

あの表現しがたい気持ち良さを知ってしまうと、手コキで射精するオナニーでは満足できなくなってしまうという男性も多いほど。

女性だって尿道を刺激したオナニーが可能ですが、ここでは男性に的を絞って魅力を紹介します。

普通のオナニーはアダルトグッズを使わない杯には、手でしごいて気持ち良くなるというのが一般的ですよね。

AVなどの動画コンテンツを見ながら興奮を高める場合もあるでしょうし、妄想でエクスタシーまで持っていけるという方もいるでしょう。

手を使うのではなくオナホなどのアダルトグッズを駆使してリアルに挿入している感覚を楽しむような方法のオナニーもあります。

オナホを使用するのは、手のストロークによる刺激とは違った感覚で興奮したいからなのです。

このように、一般的なオナニーには飽きてしまった方が新たな方法を模索する中で、尿道オナニーに魅力を感じるというケースが多いです。

もしくは、何らかの原因で入院し、尿道にカテーテルを通されている経験を経て、抜去の時の快感や、自分の意識のタカが外れて尿意を催してしまうような感覚に快感を覚えてしまい、尿道を刺激するということにハマってしまったかたがチャレンジするようになる傾向があります。

ただし、尿道オナニーは間違った方法で行うことでペニスを痛めてしまうことがあります。

尿道を素人が刺激するのはリスクがあることも踏まえ、それでも未知なる気持ち良さに興味があるのであれば、正しい刺激方法をマスターして試してみましょう。

成功した時の感動と前立腺を刺激されたときの表しようのない快楽を知ってしまうと、尿道オナニーの虜になってしまうこと間違いなしです。

尿道オナニーの基本的なやり方

尿道オナニーの基本的なやり方をマスターすると、誰でも未知なる快楽を知り、一般的なオナニーとは違った満足ができます。

ここでは、準備から実際のやり方、尿道オナニーを促す道具の紹介まで行います。

尿道オナニーの準備

まずは尿道オナニーに使用するアイテムを準備することからはじめましょう。ネットで尿道オナニーを検索するとわかるでしょうが、色々な方法が提案されています。

ただ、安全な方法を実践しなければ、たった一度の失敗で大きなリスクを背負うことになります。そのためにも、尿道オナニーが気持ち良く感じる仕組みを知ってください。

男性の尿道はペニスがあるので16cmから20cmくらいの長さがあります。女性はというと、長さは3から4cmと短いのが特徴です。

性器の違いによって大きく違いが生じている部分ですが、尿道は内側に粘膜があってとても敏感なのも特徴です。だからこそ、わずかな刺激が驚くほどの気持ち良さを生みます。

このように、尿道の長さがわかるようになると、奥までしっかり刺激できるアイテムの基本が見えてきます。

綿棒で尿道を刺激したとしても、尿道口からわずかな距離しか刺激ができないので、本来の気持ち良さを演出することはできません。

もっと長いもので尿道口からスムーズに挿入できるくらいの細さが無ければ意味がないのです。

また、スムーズに挿入させるためのアイテムとして、滑りを良くするためのジェルや、尿道へアダルトグッズを挿入する際の痛みを和らげるための表面麻酔薬を用意することも必要です。

因みに、尿道に挿入するということは雑菌が繁殖する可能性がある一般的なローションを使ってオナニーを行うのは控えるべきです。

可能であれば滅菌されたものを使うなど、感染への配慮も行わなければ尿道炎になってしまうかもしれません。

そのほか、放尿しても大丈夫なように部屋の片づけをしておくことも大切です。

あまりの気持ち良さに周囲に潮吹きしてしまうということもありますから、予測できる事態に対応するだけの準備を整えておくのがおすすめです。

ペット用のトイレシーツなどを使うことで、放尿のアクシデントにも柔軟に対応できるはずです。

何度も尿道オナニーを経験すると自分の快楽の感じ方がわかるようになるでしょうが、初めて実践するという場合には万全の準備を整えて臨んでください。

尿道オナニーに使われるアイテム

尿道オナニーの準備のところでも触れましたが、尿道を刺激するためのアイテムを駆使して快楽を開拓することが、新たな絶頂を迎える経験に繋がります。

ただ、自分の体だけでは尿道オナニーは実現しないので、次の3つのアイテムを揃えてください。

  • 尿道へ挿入するアイテム
  • 尿道へのアダルトグッズ挿入を補助するアイテム
  • 尿道刺激によるオーガズムを感じた時の備えとして使用するアイテム

尿道へ挿入するアイテムはアダルトグッズを販売している通販サイトで検索をすると、色々なラインナップが見つかります。

初めて尿道オナニーを体験するなら、初心者向けのアイテムから購入するのがおすすめです。

挿入しやすく前立腺刺激も無理なく行えて、最高に気持ち良い時間が流れるはずです。

玄人向けのアイテムだと挿入するだけでもゾクゾクしちゃうような仕掛けがあったり、ハードルが高いアイテムも揃っていますから、開発がどんどん進んでいく度に新たなアイテムを迎え入れて快楽を掘り下げていくのもおすすめです。

尿道の長さは人によって異なりますので、十分な距離が稼げるアイテムを仕入れておくのも良いでしょう。

挿入した時の感覚もアイテムによって違いますから、気持ち良くなるためのイメージを膨らませながらお気に入りを選んでください。

尿道へ挿入するアイテムが決定したら、今度は一緒に使用するローションやジェルなどの潤滑性を高めるアイテムを選ぶ番です。

挿入した時の痛みを軽減させるため、キシロカインゼリーを使用して表面麻酔を施すような補助アイテムを駆使するのも良いでしょう。

苦痛ばかりだと魅力を感じる間もなくオナニーを断念してしまうこともあります。

程よい抵抗がありながらも、徐々に快楽を開拓できるようなくらいにならなければ、尿道オナニーは成功しません。

そのためにも、アダルトグッズが尿道へ挿入され、前立腺を刺激してくれるまでに耐えられる補助アイテムが活躍するのです。

ローションは雑菌繁殖の温床にもなりやすいので、尿道オナニーには向かないと考えるのが一般的。

滅菌ジェルなどの雑菌が繁殖するリスクを取り除いた製品こそ、尿道オナニーの必需品となるでしょう。

尿道を刺激することで男の潮吹きをしてしまっても良いように、ペット用のシーツを準備しておくのもおすすめです。

いきなり絶頂へと到達し、思いもよらない体の反応に驚くことがあるのも尿道オナニーの真髄です。

射精を伴わない絶頂を感じるチャンスでもあるので、思いもしない快楽によって敏感に反応して起こったアクシデントに対応できるだけの状況を作っておきましょう。

尿道オナニーのやり方

尿道オナニーが初めてという方でも実践できるよう、ここでは簡単にやり方を解説します。

まずはアダルトグッズをはじめとしたオナニーの準備へと取り掛かりましょう。それが済んだら尿道へアダルトグッズを挿入する時間です。

ゆっくりと奥まで挿入して、前立腺までアイテムが届くように尿道を開拓しましょう。

素晴らしい快感の連続が全身を刺激しますが、20cmくらいまで挿入が完了してからは、リズミカルに内部を刺激しながら気持ち良さを味わうと、絶頂の瞬間が訪れます。

挿入と前立腺刺激というだけのシンプルな流れですが、ゆっくりと時間をかけて奥まで挿入を進めることが、初心者ほど大変に思うのではないでしょうか。

それでも、自分で慣れた手つきでグイグイ挿入して、即イキを達成するまでに成長するには、さほど多くの時間を必要としません。

どんな刺激が自分にとってプラスになるかを考えられるようになると、尿道オナニーが楽しくて仕方なくなります。

それまで研鑽を重ねることができるようになると、きっとオナニストとしての拍がつきます。

尿道オナニーの注意点

尿道オナニーを実践するときの注意点は、知っているのとそうでないのとでは大きな差が生まれます。

尿道オナニーはやり方を間違えてしまうと、尿道炎を発症して大変です。

快楽ではなく苦痛に耐えなければならない日常は、オナニーのヤル気も減退させます。だからこそ、気を付けてほしい点をいくつかピックアップしました。

急ぎの開発は危険

新たに気持ち良い時間を手に入れたいからといって、結果を求めすぎてしまうのは失敗の原因を作ります。

尿道オナニーは時間をかけて尿道にアダルトグッズを挿入し、慣らしながら自分なりのフィニッシュを模索するのが一般的。

いきなり全開で尿道にアダルトグッズを挿入しても、気持ち良いという感覚が起こらないことがあります。

ゆっくりと時間をかけて気持ち良いと思える範囲を広げていくことが、自分の体を開発するポイントです。

尿道へ何かを挿入するという行為は、一般的な性的趣向の方は未経験です。それを一度のオナニーでカタをつけるのは、実に大変な作業なのです。

5分で終了するようなオナニーとは違って、慣らす時間も鑑みてオナニータイムを楽しんでください。

焦らずに自分の体と向き合うことができた人は、もれなく尿道オナニーでエクスタシーに達します。せっかく新たなチャレンジをするなら、時間を使って体をエロに染め上げましょう。

痛みと背中合わせになっている敏感な部分でのオナニーは、衝撃的な気持ち良さがあるからこそ人気です。

ただし、急ぎで結末まで進まないようにしなければ、興奮がわずかな時間で終わってしまいます。

大人のオナニーの楽しみ方は、ラグジュアリーな時間と未知の体験のコラボレーションで、新たな自分を発見することにあります。

ぜひとも尿道オナニーの注意点を把握して、リスクの少ない行動を心がけましょう。

衛生面に気を遣うことも必要

尿道に異物を挿入するという作業は、それだけでも痛くなってしまうかもしれないというリスクが潜んでいます。

それでも尿道を刺激して前立腺イキを達成したいという方は、衛生面に気を配ることも忘れないようにしてください。

尿道へ挿入するアダルトグッズを滅菌しておく方が多いのも、オナニー後に尿道炎を発症しないためです。

デリケートな部分なので、ちょっとの気遣いを怠ってしまうだけで、日常生活が不便に感じてしまいます。

殺菌作用のあるものを使って綺麗にしておくことは、オナニー後の困り感を少なくするためにも大事な作業です。

プレイのみならず、前段階からも気合いを入れて衛生的にしておくことは、後々の快楽のためには必要なことなのです。

痛みは絶えないが鉄則

尿道オナニーは痛みが伴うものだと思っている方も多いでしょうが、キシロカインゼリーを使ってゆっくり挿入するなど、痛みを感じさせないようにすることも可能です。

でも、痛みは無理をしないための線引きにも使える情報ですから、我慢をしないということも理解しましょう。

痛みに耐えて無理に尿道への挿入をしていると、快楽ではなく酷く痛むことがあるかもしれません。

尿道オナニーは前立腺を刺激することで快楽を得る方法ですが、痛みばかりが襲ってくるようであれば、日を改めるかアダルトグッズの購入を再検討するかの判断が必要です。

そこで一時の快楽のために無理を押し切ってしまうと、尿道に多大な被害をもたらすこともあります。くれぐれも無理のない範囲で楽しむということを忘れないようにしてください。

これらの注意点を守ってお遊び頂くのであれば、きっと尿道オナニーの魅力がたっぷりと体験できます。

慎重かつ大胆に楽しめるようになると、オナニーに対する考え方も大きく成長します。

大人の気持ち良さを存分に味わうなら、尿道オナニーの注意点を押さえたうえで実践を重ねてくださいね。

尿道オナニーは危険!自己責任!

尿道オナニーは最高に気持ち良い時間が流れる反面、リスクが背中合わせになっていることも理解しなければなりません。

どれだけ慣れている人でも、手コキオナニーのように適当にしごくだけで気持ち良くなれるものではありません。

尿道へアダルトグッズを挿入し、そこから前立腺を刺激するように動かすという行為は、自分の体に及ぶ刺激を踏まえて、微妙な調節をしなければなりません。

無理を押してオナニーを続けてしまって尿道炎になったりペニスが痛くなってしまったとしても、それは全て自己責任になってしまいます。

だからこそ、失敗のないようにオナニーの方法を学んで、じっくり時間をかけて開発するというスタンスでオナニーに励んでほしいのです。

これまでに説明してきた注意点は、どれも疎かにしてしまうとデメリットが大きくなってしまうものばかりです。

尿道オナニーは玄人好みの快楽を味わうことができる高度なオナニーなので、やり方に疑問を感じたり心配な点が残っているようであれば、それをすべて解決してから実践するのが良いでしょう。

失敗のないオナニーを手に入れるなら、尿道オナニーの場合は周到に環境を準備することから始めなければならないのです。

ただ、労力を投じただけの気持ち良さは、確実に感じられるのが魅力です。

リスクを知りつつも、それを回避するだけの慎重さで向き合うことができれば、尿道オナニーが自分の中でも最高に興奮する時間と思える日がきます。

まとめ

尿道オナニーは高度なテクニックが必要になると感じている男性も多いはず。

それでも、リスクを解決するようなやり方をきちんと勉強してから実践をすれば、誰でも未知なる気持ち良さに遭遇することはできるのです。

無理をせずに衛生面にも配慮しつつ、徐々に体を慣らす感覚で尿道オナニーを経験すると、きっと素敵な時間が手に入ります。

手コキオナニーとは別次元の気持ち良さに加えて、射精を伴わなくてもエクスタシーに喜びを感じることができる尿道オナニー。

今後もコアなファンが自分で快楽を求めて満たすというプロセスに惹かれ、尿道オナニーの日常の選択肢の一つとして考える方が増えるのではないでしょうか。

ムラムラした気分を解消するだけでなく、体が思いがけない反応を示すことがあるのが尿道オナニーの醍醐味です。

まだ尿道や前立腺を刺激することに幸せを感じていないという方ほど、一度は試していただきたいオナニーです。

もしも少しでも尿道オナニーに興味を抱いたのであれば、自分の新たな一面とのご対面のためにも、一歩踏み出して経験してください。

すると、今までは知らなかった新たな快楽の形が見えてきます。