男女兼用wチクニー(乳首オナニー)のやり方と即イキ確実にするアイテム5つ!

 

男女問わずに性感帯としてあげられる乳首への刺激。

乳首を主に刺激するチクニーの気持ち良さを知ってしまうと、即イキの確率も格段にアップします。

自分自身の性感帯を開拓することによって新たに得られるエクスタシーも楽しめるチクニーは、興奮のギアをアップさせる起爆剤にもなります。

ここでは、乳首を弄ぶことで得られる快楽の魅力から、チクニーの基本、即イキを促すアイテムの紹介、アダルトグッズを専門的に扱っている通販サイトで購入できるアダルトグッズの紹介も行います。

チクニーがもたらす可能性や、やり過ぎによって生じるデメリットも紹介します。

 

スポンサーリンク

男女問わず気持ち良いチクニー(乳首オナニー)とは

そもそもチクニーって何?という方もいるでしょうから、ここでは乳首オナニーの基本をご紹介します。

普通のオナニーは性器を刺激するのが主体となり、絶頂を味わうことで性的欲求を発散する方法です。

一方、チクニーは乳首をとことん刺激することで、性器を刺激するのとは違った気持ち良さを味わう方法です。

敏感に刺激を感じやすい乳首を弄ぶことで、ペニスやマンコがどんどん興奮していくのがチクニーの醍醐味です。

普通のオナニーと大きく違う点は、快楽を掘り進める性感帯とは別な部分を刺激するところにあります。

それなのに性器で感じる興奮は何倍にもブーストできるのですから、即イキだって簡単に実現します。

乳首はちょっと触れるだけでもビンビンになってしまうほど、外からの刺激で反応を起こす部分です。

セックスのときに舌で舐められたり揉まれたりするだけで乳首が固くなってしまう経験をしたことがある男女も多いはずです。

その刺激に特化して気持ち良くなるのが、チクニーの魅力なのです。普通のオナニーよりも気持ち良さが短時間でMAXに達するのも大きな魅力。

そのメリットを存分に活用するのが、チクニーなのです。

チクニー(乳首オナニー)の基本的なやり方

チクニーをしたことがないという方は、まずは基本的なやり方を学ぶことから始めましょう。

道具を使うことなく刺激を行う方法をここでは紹介します。

誰でもやり方がわかるとすぐに刺激ができますから、乳首で感じることに新たな期待をしたい人ほど、実践することをおすすめします。

乳首を摘まむ

指先を使って乳首を軽く摘まむのは、チクニーのスタンダードなやり方です。

普段は舐める・揉むなどが刺激としては多いのですが、指先で摘まむという行動は思いのほか気持ち良く感じる方が多いもの。

強く力を加えるのではなく、軽く摘まんで乳首を引っ張り、こねくり回すように軽く指先を回転させることで、乳首の根元が刺激されます。

一度や二度で終わるのではなく、何度か刺激を繰り返していくことで乳首がコリコリになるはずです。

摘まむのをリズミカルにしたり緩急をつけることで、さらなる興奮と快楽が体を刺激します。

親指と人差し指で摘まむというのが一般的でしょうが、使う指を変えるだけで全然違った刺激になるのも魅力です。

乳首の先っぽが摘まみやすく膨れてきたのであれば、チクニーの入り口を楽しめるようになった証拠です。

乳首を弾く

チクニーは様々な刺激のバリエーションを加えることで、次から次へと快楽の波が押し寄せてきます。

乳首を摘まむ動きをマスターしたのであれば、次は乳首を弾く刺激を送ってみましょう。

先端を弾いても良いですし、根元をえぐるように弾くのも最高です。

どちらの刺激も早い・遅いの調節を加えながら最も気持ち良くなるポイントを探りましょう。

指先と爪のはらで弾くのも気持ち良いですし、乳首周辺を円形になぞりながら弾くという焦らしを加えるのもおすすめです。

この刺激は単調になりやすいので、同じような動作を繰り返して感度を落とさないように気を付けましょう。気持ち良い刺激も長く続けていると飽きてしまいます。

弾くという動きにも何通りもの責めのパターンをイメージできるようにするのが理想です。

指先を湿らせておくと、舐められている感じを簡単に演出できます。自分の唾液でねっとりと絡みつくような湿度を表現するのもアリです。

爪が伸びていたりささくれができていると、刺激の度に皮膚が摩擦で刺激されて痛いと思ってしまうこともあります。

不快な刺激を加えられるとチクニーは一瞬で冷めてしまうので、普段から衛生面への配慮を欠かさないようにすることも重要です。

 

これまで紹介してきた2つの動作は、あくまでチクニーの入り口へと進んだにすぎません。

これからさらなる快楽の刺激となるような方法を紹介しますので、基本を押さえつつ発展させることも忘れずに行いましょう。

即イキ確実にするチクニー(乳首オナニー)が捗るアイテム5つ!

アイテムを使ってチクニーを実践すると、驚くほど簡単に気持ち良くなれる時間が作れます。

ここでは即イキに一歩近づくようなチクニーアイテムを紹介します。どれも指では再現できない気持ち良さが待っています。

刺激の好みもありますから、ハード・ソフトの刺激に分けて実践するものを選ぶのも良いでしょう。

では、これから5つのチクニーアイテムを紹介します。

洗濯ばさみを使ったチクニー

お笑い芸人がネタのようにやる様子を思い浮かべる方も多いでしょうが、乳首に洗濯ばさみを使うのは、れっきとしたオナニーの一つです。

チクニーの代表格といっても良いほど、手軽に行える手段として知られています。

しかも、アダルトグッズの通販サイトでアイテムを購入する必要がなく、自宅にあるものですぐに乳首開発ができちゃうという魅力が、洗濯ばさみを使ったチクニーにはあるのです。

選択ばさみを使ったチクニーは、刺激の柔らかなものからチャレンジするのがおすすめです。

いきなり締め付けの強いアイテムを使うと、痛みだけで快感にはならず、チクニーの魅力がわからないまま終わってしまいます。

徐々に慣らしていくようなスタンスで実践すると、ドライオーガズムの快楽をこじ開けることができるかもしれません。

洗濯ばさみもプラスチック製や木製、ステンレス製など、素材にこだわることで挟んだときの刺激が違います。

ハードな痛みが快感に変化すると、乳首だけでなくほかの部分でも、痛みの刺激で絶頂を迎えることができるようになります。

M気質を開発するにも乳首責めは大いに活躍しますので、チクニーが捗る方法を応用するのも良いでしょう。

氷を使ったチクニー

氷の刺激は乳首をビンビンにするほど気持ち良いものです。

チクニーの中でも自宅にあるもので誰かに舐められている演出ができるのが、氷なのです。

自分で氷を手に取って、乳輪の輪郭をなぞって乳首を刺激すると、あっという間に快楽が絶頂を迎えます。

氷が溶けだして乳首に水滴がつくと、体温で暖まっていやらしく乳首を煌めかせます。

そんなビジュアル面でもグッとくるような時間を演出できるので、氷を使ったチクニーも非常に人気です。

口に含んでから溶け出した氷を乳首へと運んでいくと、乳首の先端へ滴る冷たさが、舌先でチロチロと弄ばれるような感覚をイメージさせます。

体に感じる刺激と妄想がリンクすると、この上ない気持ち良さに包まれる時間が得られるはずです。

氷も日常生活に身近なものですが、性的欲求を満たすために使える最高のパートナー。

そう思えるようになっているということは、すでに氷をアダルトグッズの一つとして考えられるようになった証拠です。

筆を使ったチクニー

筆を使ってチクニーをするのは、乳首を舌先で刺激するような感覚をイメージッセル道具を探していると行きつくはずです。

AV作品でも乳首を悪戯するアイテムとして使われることが多い筆は、乾いたまま使用することでソフトに乳首や乳輪を総合的に気持ち良くしてくれる刺激に変わります。

筆を濡らして使用すると、今度は舌先を使ってピンポイントに性感帯を刺激するアイテムへと早変わり。

どんな刺激を欲するかによって、乳首が感じる快楽も違います。

つまり、自分好みの刺激を続けて筆の使い方を変化させながら自分の絶頂へと進むことができるのです。

もっと高度なチクニーを試すなら、パウダーを乳首周辺に振りかけて筆を使って払っていくと、細かな刺激が乳首をビンビンに勃起させます。

ライトな刺激ながら気持ち良さ抜群のチクニーが楽しめるので、痛いのが嫌いという方にはぴったりな方法と言えるでしょう。

ラップを使ったチクニー

乳首の密着度を高めるラップは、体に巻き付けて上から乳首を刺激することで、いつも以上に敏感に反応するシチュエーションが作れます。

ラップではなくシルク素材の薄着の上からチクニーを行うのも、同じような刺激を楽しむ方法として親しまれています。

直接乳首を刺激すると摩擦で痛くなりやすいという方は、ラップを使った方法だと感度もアップして乳首を痛めないので一石二鳥ですよ。

ラップの巻き付けを薄くしたり、乳首の部分を指で引っ張って伸ばしてから使うなどのアレンジをすると、快楽のバリエーションも付けられます。

アダルトグッズを使ったチクニー

アダルトグッズを使ったチクニーを極めると、即イキ必須な手段が手に入り、オナニーの概念が大きく変わります。

アダルトグッズの購入には抵抗があるなら、まずは通販を利用して周囲に秘密で使ってみるのが良いでしょう。

地域によってアダルトグッズ店があるでしょうが、そこに入るのは勇気がいるという方も多いはず。

だからこそ、通販でアダルトグッズを購入するという流れが人気を呼んでいます。

チクニーのためのアダルトグッズは、オナホールなどと同じように色々なアイテムがあります。

その中からお好きな刺激を体験できるものを選択すると、あとは到着を待つばかり。

アダルトグッズを専門的に扱っている通販サイトなら、家族に知られないように商品を送ってくれます。

自宅ではなく宅配業者の営業所留めにしてくれたり、コンビニでの受け取りにも対応しているサービスも出現しています。

アダルトグッズは振動を起こして刺激を行うものや、ネットリと濡らして感度をアップさせるものなど、与える効果を確認しながら購入してください。

あわせて読みたい記事

知られたくない人にバレないオナホの買い方・隠し場所を教えるよ!
アダルトグッズは使っているのを誰かに知られるのが恥ずかしく思うのが一般的。 誰でも購入しているという事実を知られたくないでしょうし、自分の性癖についてを覗かれるのは気が引けます。 特に家族に自分の性に対する趣を知られてし...

 

これまでチクニーを充実させるアイテムを5つ紹介しましたが、アダルトグッズはさらなる可能性を知って頂く必要があります。

乳首を刺激するにも色々な種類があって、癖になるくらいの快感をわずかな時間で与えてくれるものばかり。

その魅力も含めてチクニーを実践してみると、オナニーの楽しみ方がもっと広がります。

チクニー(乳首オナニー)におすすめのアダルトグッズはこれだ

チクニーを楽しむためのアダルトグッズは、一般的なアイテムを使ったものとは次元が違う気持ち良さを感じられると人気です。

もっと乳首イキを楽しみたいというのであれば、迷わず使用するのがおすすめです。

ここでは、特におすすめな3つのアイテムをご紹介します。

ローション

使いたい時に少量で気持ち良くなれるローションは、わずか1滴でもいつもとは違った快楽を与えてくれるアイテムです。

ローションは色々な使い方がありますが、チクニーを楽しむためにも大いに活躍できるはずです。

まずは乳首にローションを1滴垂らして乳輪ごと指でローションまみれにしましょう。

たくさんの潤いを与えてヌルヌルを楽しみたいなら、ローションで上半身全体がネットリとなるまで贅沢に使うのも良いです。

ローションは使い終わった後の始末が大変に思うかもしれませんが、乳首だけに使用するならティッシュで拭き取るだけでも大丈夫です。

もちろん、ヌルヌルした感じをしっかり落としたいなら、チクニーが終了して気分が落ち着いてから洗い流すようにしましょう。

粘着性の高いローションや、サラサラしているローションなどそれぞれに特徴がありますから、お好きなアイテムを探して使うことで、チクニーの満足度がアップします。

気分によってローションを使い分けて楽しむというのもおすすめです。

指豆ローター

振動系の刺激を欲してチクニーのためのアイテムを探しているなら、指豆ローターも実用的です。

指に装着できるスタイルの小さなローターは、見た目以上に刺激が強くて即イキ必須です。

じっくりと乳首を責めるのではなく、振動刺激で一気に快楽のトップスピードに乗せたいという方は、間違いなく使用した方が良いアイテムと言えるでしょう。

もちろん、乳首だけでなく乳輪にも刺激を送ってあげるような焦らしプレイにも使えます。

指豆ローターは乳首責め以外にも、性感帯を重点的に刺激するアイテムとして重宝します。

そのまま女性ならクリを刺激すると最高に気持ち良いでしょうし、男性だって亀頭責めに応用させて興奮度をアップさせることも可能です。

男女問わずにどちらも使えて快楽の質を高められるため、アダルトグッズの通販サイトでも人気アイテムとして浸透しています。

U.F.O. SA

USBで充電ができて、両乳首に装着するだけで振動刺激を無限に与えてくれる優れたアイテム。

手放しオナニーを楽しみたいという方にとって、U.F.O. SAは救世主と言えるでしょう。両手が自由になるU.F.O. SAの使い勝手は無限大

乳首責めを堪能しながら性器を刺激することもできるので、一度に複数の性感帯を刺激して、一気に絶頂へと歩むことも可能です。

無駄な時間を使うことなく即イキしたいという気分のときには、きっとU.F.O. SAを使えば問題解決となるはずです。

乳首舐めを人工的に演出してくれるU.F.O. SAの刺激は、いくつものパターンから好きなものを選択できます。

ランダムで刺激を行うようにすることで、予測できないチクニーを楽しむこともできるでしょう。密着度の高いバストカップは、男女どちらも楽しめるアイテムです。

 

ここで紹介させて頂いた3つのアイテムは、どれもチクニーの質を高める汎用性の高いものばかり。

こうしたアダルトグッズを使って自分の性感帯を開発するのは、極上の気持ち良さを手に入れるためには必要な行動です。

チクニーにおすすめアイテムはこちら!

乳首ローターのおすすめ10選!乳首責めやオナニーへの使い方や注意点など解説
男女問わず、乳首を責められると気持ち良いという方は多いはず。 そんな、性感帯としてはメジャーな乳首のためのローターをここでは厳選して紹介します。 乳首責めやオナニーに使うためのアイテムの選び方から注意点まで、初心者の方で...

チクニー(乳首オナニー)だけ射精するの?

チクニーは乳首を刺激して快楽を高める行為ですが、それだけで射精ができる人がいるのだろうかと思う方も多いはず。

でも、手コキをすることなくエクスタシーに達する男性は珍しくありません

自分の体を弄ぶ刺激を乳首から感じ、想像力を膨らませてHなイメージを頭に思い描くと、ノーハンドでフィニッシュという感動的な快楽の絶頂を迎えることがあります。

ただし、誰でも達成ができるわけでなく、豊かなイマジネーションから性的興奮を高められるかが関係します。

物怖じすることなくフィニッシュのイメージが明確にできる人ほど、チクニーだけでも最高の気持ち良さでオナニーを彩ることができます。

ペニスやマンコに触れなければ絶頂を迎えられないというわけではなく、乳首開発によって手放しでも自由に射精コントロールができると、オナニー上級者として自慢ができるはずです。

チクニーで射精するためにはある程度の慣れが必要ですが、誰でも開発次第で射精という目的は達成できます

気持ち良いポイントを把握してチクニーをすれば、いつものオナニーと同じように射精して欲望を満たすことができるのです。

射精はしないけれど絶頂に達するドライオーガズムの可能性も秘めているチクニー。素敵な興奮が即イキを叶えてくれることも多くなります。

女性はチクニー(乳首オナニー)のやり過ぎに注意?

チクニーは男女問わずに気持ち良くなれる方法ですが、女性は乳首ばかりを刺激してしまうと、肝心の挿入による快楽がわずかになってしまったり、ハードな刺激を与えなければ乳首が反応してくれないということも起こります。

女性はチクニーのしすぎによって乳首が長くなってしまうこともあります。

そうなってからでは美観を元に戻すのは難しく、最悪の場合は巨大な乳首がコンプレックスになってしまったという状態に陥る可能性もあります。

あくまでやり過ぎた場合のリスクではありますが、女性にとっては乳首が長くなってしまうのは本望ではないはずです。

吸引させて快楽を高めるようなアイテムは、継続して使用することで乳首にどんな影響が出るかを把握しながら、チクニーを実践するように心がけましょう。

気持ち良さを求めるばかりにチクニーをし過ぎると、見た目にも体の機能的な面でもデメリットが生じます。

その可能性をあらかじめ知っていれば、やり過ぎというところまではチクニーをやらないように抑えることも可能でしょう。

自分の体と性的欲求との相談になりますが、適度な刺激でフィニッシュを迎えられるように研鑽を重ねてください。

まとめ

チクニーは男女どちらも楽しめる乳首を刺激するオナニーです。

どんな方法でチクニーを極めるかは個人に委ねられますが、色々な方法を実践しながら自分の可能性を広げていくと、まだ知らない新たな快楽に行き着くことがあります。

性感帯となる部分を重点的に刺激できるのは、即イキを願っている男女の強い味方です。

まだチクニーを経験したことがないという方のためにも、ここで紹介した情報が参考になると幸いです。