ちんこを大きくする4つの方法!ペニスを平均サイズ以上にしたい方必見!

男性らしさをアピールするなら、ちんこの大きさをアップさせたいと願う方は多いはず。

見た目のインパクトはもちろん、女性との営みで相手を喜ばせることができるものがあれば、自分の魅力をアピールする自信がみなぎります。

ところが、大きさにコンプレックスを抱いていたり、包茎の悩みを抱えていたりと、ちんこの質に不満を抱いている方は後を絶ちません。

ここでは、ちんこを大きくする方法に特化して情報をまとめてみました。今よりも立派なちんこで自信を養いたい方必見です。

スポンサーリンク

ちんこを大きくする方法は次の4つ!

ちんこを大きくする方法は次の4つがあります。

  • チントレ
  • ペニス増大器具の使用
  • 手術によるペニスのサイズアップ
  • ペニス増大サプリメント

ここでは、それぞれの方法についてのメリット・デメリットを紹介します。

どの方法が自分に合っているかを考えることで、コンプレックス解消の糸口が見えてきます。

それぞれの特徴を知ることで、一番メリットが期待できそうな方法を導き出せるのではないでしょうか。

では、1つずつピックアップして解説していきますね!

チントレに取り組む

方法論がわかっていれば、誰でもすぐに実践できるのがチントレです。

ちんこを大きくしたいという夢は、毎日の研鑽から培うことができるかもしれません。

自らのコンプレックスを解消するためにも、チントレの正しい方法を知っておきましょう。

チントレといってもいくつかの方法がありますが、単刀直入に表現すると、ちんこを刺激して大きくするというのが基本です。

ちんこが大きくなるには、血流アップが欠かせません。また、細胞の質量を増やすことで、増大の期待が膨らみます。

この原理に基づいて行われるのが、世間でも多くの男性が実践しているチントレです。

ちんこをトレーニングによって鍛え上げることが、世間でもチントレの名で知られるようになっています。

ですから、チントレをネットで検索してみると、科学的にも効果が期待できるものから怪しいものまでヒットするはずです。

それでは、ここでは効果が高いとされている3種類のチントレを紹介しましょう。

ジェルキング

ジェルキングという方法は、簡単に説明するとちんこを引っ張って伸ばすというイメージです。

ちんこはお腹側へ入り込んでいく性質があり、それを前に戻すのがジェルキングです。

やり方はちんこを軽く勃起させます。アダルト動画を見ても良いでしょうし、妄想しながら反応させる方法でも良いです。

どうしてフル勃起では意味がないかというと、血流を送り出すプロセスが関係しています。

ジェルキングは半勃起状態でペニスに及ぶ血液を先端部分に届ける方法です。根元から先端に向かって手で引っ張ると、徐々にちんこが大きくなります。

効果が出るまでには半年くらいかかる方法ですが、地道にチントレを行うには負荷の少ない方法です。

ただし、皮を伸ばして包茎のリスクが生じることがあります。

潤滑をよくするためにローションを使用してジェルキングを行うと、こうしたリスクを低下させることができます。

体の特徴を鑑みて行われる効果が立証されているジェルキング。

まずは10回を1セットにして実施して、徐々に2セット、3セットと回数を増やしながら取り組んでください。

通常のオナニーの前に行うのも効果的です。

ミルキング

ジェルキングは長さをアップさせる方法でしたが、ちんこを大きくしたいという希望は、亀頭部分を力強く育てたいという思いを持っている方も多いはず。

女性に喜ばれる挿入時の太くて存在感のあるカリは、一気に快楽を誘う兵器として使うことができます。

そんなカリ首を手に入れるなら、ミルキングという方法でチントレを行うがおすすめ。

こちらもちんこを軽く勃起させてください。フル勃起ではなく半勃起状態にしてからミルキングを行いましょう。

やり方は逆手にして親指と人差し指でペニスを囲む円を作ってください。

逆手ということは、手のひらが上を向くのではなく、手の甲が上を向いている状態です。

一般的な手コキとは180度回転させた状態がミルキングのコツです。

次に、中指から小指までの3指を、牛の乳しぼりをするように順番にちんこを握りこみます。

そのままの状態で10秒待つと、亀頭へ血流がたっぷり運ばれます。

この動作によって、亀頭の血流がアップしていつもよりも力強い勃起状態が期待できるのです。

ミルキングも効果を実感するには半年くらいを目安にしてください。

最初は10回を1セットにして、ジェルキングと同様に慣れてきたらセット数を増やしても構いません。

ただし、キープする時間を長くして効果を高めようとするのはNGです。亀頭部分が内出血を起こしてしまう恐れがありますので、強さと持続時間には注意してください。

炭酸水トレーニング

チントレの中でも刺激によってペニスのサイズアップが期待される炭酸水トレーニング

その方法はとても簡単で、炭酸水にちんこを浸すというもの。最初は30秒くらいからスタートして、徐々に浸す時間を長くできるとベスト。

一見すると本当に効果があるのだろうかと思うでしょうが、炭酸水は血行促進に効果があり、その特徴を亀頭に及ぶ血流をアップさせようというのが狙いです。

こちらもコツコツ続けることが大切ですが、大きなデメリットがあるのも知っておくべき。

炭酸水の刺激は突き刺すような感覚をちんこに与えるので、痛みを感じてしまうことも珍しくありません。

あまりに我慢ならないような刺激であれば、別な方法でチントレを行うのをおすすめします。

ムリなく効果が期待できるものを選択すると、コツコツ続けられて効果が実感できる日を迎えられます。

刺激は強烈ですし血行促進を短時間で期待できる炭酸水トレーニング。こんな方法のチントレも存在することを知っているだけでも良いでしょう。

チントレのウォーミングアップも重要

ペニスのサイズアップを目指すなら、ちんこの血行に注目すべき。

温めることでも血行が促進されますから、チントレを行う前に体を慣らしておくことから始めましょう。

入浴で体を温めるのも良いでしょうし、ちんこだけを温めてからチントレを実施するという流れでも構いません。

血流が確保できなければ勃起後に大きくなったという感覚はありません。

まずは十分な血流を確保しながらちんこを育成していく環境が、健やかな成長には欠かせません。

軽くちんこを動かしておくのも大切です。

いきなり強烈な刺激を加えるのではなく、様子を見ながら進めるくらいの慎重さがあった方が、チントレで失敗することはありません。

ウォーミングアップで状態を把握しながら、ベストなチャンスをつかみ取ってください。

これまでにチントレのバリエーションをご紹介しましたが、根気強く続けることが大切です。

途中であきらめるのではなく、理想の未来を手に入れるためにも、毎日の生活に取り入れてください。

簡単に実践できるものが豊富にありますから、チントレでちんこの血流アップを促し、あとは日々の鍛錬を忘れないようにしましょう。

続けて刺激を送ることも、ちんこの大きさにはプラスの要素が満載です。

チントレの効果と副作用

チントレはすぐに効果を発揮するものではありません。数か月単位で経過を見て変化を分析する必要があります。

ですから、すぐにちんこを大きくしたいという期待に応えることはできません。

最低でも半年くらいの推移を確認して、以前よりも大きくなっているかを判断しましょう。

また、一気に効果を手に入れたいという思いから、やり過ぎによってペニスを傷つけてしまうことがあります。

チントレの副作用としては、ちんこに何らかのマイナスな影響を与えることであり、皮が伸びてしまって包茎になったという場合も、チントレが原因として考えられることがあります。

サイズアップが主たる目的ですが、チントレは長い目で育ってくれると喜ばしいものというイメージをもって、くれぐれもやり過ぎないように気を付けましょう。

チントレをしていてちんこに違和感を覚えたなら、そのまま無理に続けるのではなく様子を見てください。

過度な刺激が影響して痛みが発生したのかもしれないため、チントレはペニスのコンディションを確認しながら行うというルールを守るべきです。

薬を飲んで大きくするわけではないので、取り込んだものに起因して副作用は起こりませんが、扱いによってデメリットが大きくなってしまうことがあるため、丁寧に扱うような気遣いも必要です。

チントレのまとめ

チントレは誰でもすぐに行えるペニスのサイズアップ方法です。

トレーニングは日々の積み重ねが大切ですから、さぼらず・腐らずに続けることが大切です。

チントレのメリットは特別な道具を必要とせず、ペニスを露出して刺激できる状況であれば、時間や場所にこだわることなく鍛錬を重ねることができます。

ただ、露出によって捕まらないような状況で実践してくださいね。チントレのデメリットは効果を実感するまでに長期的な視点が必要である点です。

本来であればすぐにでも大きくしたいという気持ちがあるのは理解できますが、焦りで扱いが雑になってしまうと、逆にちんこを傷つけてしまいます。

そうなってしまうと勃起どころでは無くなってしまうので、時間をかけてじっくりと育てる心を持ってください。

チントレのメリットを大きくするなら、やり過ぎにならない適度な回数で刺激を行い、それを毎日続けることで亀頭部分に及ぶ血流アップを狙いましょう。

チントレはヤル気になればいつでも触れられるため、あとは大きくなりたいという意識を行動に移すだけです。

ペニス増大器具を利用する

ペニス増大器具は、ちんこを大きくするために開発されたアダルトグッズです。

通販で購入できて、家族に知られずに自宅へ送付してくれますから、ペニスの大きさにコンプレックスを持っているなら、一度は利用するのがおすすめです。

ペニス増大器具は、吸引によってちんこを前に出すアプローチを行うものもあれば、牽引しながらちんこを伸ばすというアプローチも行えます。

どのような刺激を好むかによって、ペニス増大器具の選択肢は異なります。

吸引タイプ

ベーシックペニスポンプやハイプレッシャーをはじめとした、ポンプタイプのペニス増大器具は、ちんこにカップをかぶせて吸引することで、ペニス増大に効果を発揮します。

吸引時間は勃起が継続できるなら長く刺激が行えますが、いずれにしても効果が出現するまで数か月を要するのが一般的。

半年くらいを目安として吸引した効果を計測してみると、使用前後の比較が行えます。

牽引タイプ

牽引タイプのアイテムなら、アンドロペニスやアンドロヤマトV3のようなペニスを引っ張って伸ばすようなものも販売されています。

数時間牽引を行い、ペニス中身だけを引っ張るというスタイルは、手で行うような刺激とは別物です。

牽引を固定できるので、装着するだけでちんこが大きくなるかもしれません。

こちらも数か月の検証を行い、効果を判断しなければなりません

ちんこは体の中に入り込むように収納されていることもあり、吸引や牽引によって外に出すというアプローチを有効とする場合があります。

今まで隠れていた部分が表に出てくることで、ちんこが大きくなったというイメージを刻むことができます。

ペニス増大器具の副作用

ペニス増大器具は吸引あるいは牽引によってちんこを大きくしてくれるアイテムです。

体に何かを取り込むわけではないので、副作用の心配はありません

ただし、ペニス増大のための刺激に慣れてしまうと、新たなアイテムを購入したいという欲望が膨らみます。

効果が感じられるようなものは、さらに刺激となるような上位モデルが無いかを探すはず。

コンプレックスをもっと解消したいという思いが膨らむと、ペニス増大器具を装着しないと落ち着かないということがあるかもしれません。

ただ、体にとってマイナスな要素は少ないので、増大を手助けするものとして使用するには効果に大きな期待を抱くはずです。

ペニス増大器具のまとめ

ペニスを吸引もしくは牽引して大きくするというのがペニス増大器具の魅力。

装着してじわじわ引っ張るというイメージが強いアイテムです。

男性のコンプレックスを解消するために開発されたアダルトグッズですが、吸引の感覚を快楽に繋げて使用するというユーザーも存在します。

ちんこにカップをかぶせて吸引したり、牽引するアイテムに固定するといった準備の面倒さはデメリットに感じられるかもしれません。

でも、ちんこを大きくしたいという気持ちを強く持っているのであれば、きっと使用する手間をデメリットとは思わず、素晴らしい効果に期待を膨らませて日々の鍛錬を行うはずです。

ペニス増大手術を受ける

ペニスを増大させる効果をすぐに感じたいなら、ペニス増大手術を検討する男性も多いでしょう。

すぐにでもコンプレックスを消し去りたいと思うなら、悠長に半年も待っていられないということで即効性の期待が膨らむ方法でちんこを大きくしようと考えつくのでしょうね。

ペニス増大手術は、外科的な手術を施すことで、ペニスのサイズアップを実現させます。

カリを大きくしたいのか、長さを足したいのかによっても、選択される術式は異なります。

いずれにしても手術によって現状のサイズよりも大きくするのが、ペニス増大手術なのです。

ペニス増大手術の種類

ペニス増大のための手術はいくつかの種類があります。

それぞれの手術内容についてもリサーチしたので、どんな効果を期待するかによって、選択する術式が変化するのもお分かりではないでしょうか。

では、ペニス増大手術の方法をピックアップします。

亀頭増大手術

亀頭部分を大きくする措置が施される手術です。

亀頭を太く、大きくするための成分を注射する方法で、わずかな時間で大きな見た目の違いが演出されることにも驚く方が多いです。

ヒアルロン酸を注入するような方法で亀頭増大を目指すことも可能です。

ただし、体内に吸収されてしまうヒアルロン酸は、継続的なちんこのサイズアップには不利な状況も起こります。

陰茎増大手術

亀頭増大手術と同じような方法で、陰茎を長くしようというのが狙いです。

竿を太くすることで、女性の喜びもアップします。見た目のボリュームに違いが得られるのは、術後スグというのも人気です。

埋没陰茎長茎手術

ペニスの一部は体内に埋もれているのが一般的。それを引き出して長さを出すための外科的手術です。

短小でお悩みの方は、このような外科的な手術で長さの確保が可能です。

脂肪吸引式長茎手術

下腹部の脂肪を吸引によって除去することで、体内に埋もれていたペニスを引き出す手術。

すっきりとした下腹部は、男女の営みでも抜群のパフォーマンスを発揮。長さに満足できないという方の解決策として提案されています。

シリコンボール・シリコンリング挿入術

大きさの確保というよりは、凹凸を作ることで女性の快楽を高める外科的手術。大きさのコンプレックスを改善する手術と併行して行われることが多い治療です。

セックスの時の気持ち良さを高める手術なので、大きさも今まで以上にボリュームアップが達成できますし、持久力にもメリットを与えてくれます。

ペニス増大手術の効果

ペニスへヒアルロン酸などの成分を注入する手術は、効果は1~2年と設定していたり、素材によっては5年ほど経過しても効果が消失しないものも存在します。

どのような素材をちんこへ挿入するかを考えると、ペニス増大手術の術式が決まります。

一生続くようなものではないのは、体内に吸収されるようなものを採用することで、ペニス増大が想像とは違うというアクシデントが起こったとしても、時間の経過と共にコンプレックスが小さくなるのもヒアルロン酸を使う意義なのでしょう。

即効性に優れた外科的な手術は、包帯を外す頃に本来の姿に戻っています。

今までよりも大きくなったという実感が得られるような変化は、自信を持ってパートナーへ自分をさらけ出すことができます。

ペニス増大手術の副作用

外科的な手術を行うということは、一般的な手術によるリスクは紹介されているはずです。

ペニス増大はバランスを考えて手術操作をしなければならず、ヒアルロン酸を注入するにしても慎重に行わなければなりません。

手術そのものの心配というよりは、術後の傷の痛さが心配という意見が多いです。

また、痛みを抑制するための服薬によって、薬が体質に合わなければ防御反応が働きます

そういった副作用のリスクがあるかもしれないと頭に入れておくだけでも、外科的な手術への不安が整理されます。

ペニス増大手術のまとめ

すぐにでもちんこを大きくしたいなら、外科的な出術を受けるのが近道です。

サイズアップもすぐに実感できるでしょうし、男女の交わりの質を高めるうえでも活躍します。

デメリットは一般的な手術と同じように、感染や術後の痛みについてのリスクが生じるということ。

多くの患者のお悩みを解決するに至った外科的な手術。

スケジュールの都合がつくようなら、素早くコンプレックス解消が実現できるかもしれません。

ペニス増大サプリを飲む

ペニス増大サプリとは、ペニスを大きくするための成分が含まれたサプリメントのことを指します。

毎日の生活に取り入れることによって、体の中からちんこを大きくしようというのが狙いです。

ペニスが大きくなるためには、血流の増大が必要不可欠。さらには、海綿体という組織の質量をアップさせることも関係します。

勃起する時にはちんこへ血流が供給されるのですが、満足な量が確保されていなければ勃起力に欠ける状態になってしまいます。

年齢と共に勃起が弱くなってしまったという方や、以前よりもちんこが小さく感じるという方も、ペニス増大サプリを使用すると、理想の大きさが確保できる期待が膨らみます。

ペニス増大サプリを使用して血行促進を実現させ、さらにはチントレを加えることで、グイグイ大きくなる実感が得られるのも魅力です。

ちんこを大きくする成分

ちんこを大きくするための成分は、増大サプリの中に豊富に含まれています。

その代表的なモノがシトルリンではないでしょうか。ちんこの血流をアップさせることで、増大を促す成分です。

元々はスイカから発見された成分で、ペニス増大のみならず、血流を促進する効果が様々なサプリメントで使われています。

また、精力アップや疲労回復などの効果も期待できるアルギニンも、ペニス増大サプリには高確率で含まれています。

ほかにもトンカットアリやマカ、スッポンといった勃起に効果を発揮する成分が含まれていたり、日常生活では取り込むことが難しい成分をバランス良く含んでいるのがペニス増大サプリです。

それぞれに魅力溢れる成分を含んでいますから、どのように効くのかをチェックしながら購入するべきアイテムを厳選しましょう。

サプリの効果が感じられるまでの期間

ペニス増大サプリの効果が感じられるまでの期間は個人差がありますし、商品によっても効果を判断するまでの期間設定が異なります。

でも、おおよそ1~3か月くらいで効果が感じられるのが一般的。

チントレやペニス増大器具よりも早くに効果が感じられるのと、簡単に毎日続けられるという点でも、ペニス増大サプリの利用が進んでいます。

健康増進のためのアイテムとしても注目されていますから、3ヶ月くらい続けるのは難しいことではありません。

商品も1か月分で販売されているものから、3か月継続して使えるくらいのボリュームで販売されているものもあります。

まとめて購入することで割安な設定になっているものが多いため、無理なく続けられる環境を作るのは簡単です。

サプリの副作用は心配なし

健康を支えるためのアイテムとしてサプリメントが普及していますが、副作用が生じてしまうようなものは、基本的にサプリメントとして認められません。

皆さんに出回るまでに何度となく検証が行われている安全なものですから、副作用の心配をすることなく取り入れることができます

ただし、ペニス増大サプリは血流量をアップさせる成分が含まれているので、顔や体が暖かい感じを受けることがあるかもしれません。

これはサプリメントが体にきちんと作用している証拠ですから、チントレを併せてちんこを大きく育てましょう。

ペニス増大サプリのまとめ

ペニス増大サプリは毎日続ける際に苦痛を伴わないという点が大きなメリットです。

しかも、服用するだけという簡単な方法なのも、途中で気持ちが折れないメリットではないでしょうか。

一方、ペニス増大サプリは自己投資になりますから、それなりのお金がかかります。

とはいっても低価格で購入できるようなプランがほとんどのペニス増大サプリで提案されているでしょうから、実質的な負担は少なくて済みます。

コスパを考えると外科的な手術を受けるよりも割安ですし、1日あたりに換算すると少ない負担であることも分かるはずです。

サプリメント単体でのペニス増大よりも、チントレを併せていくことで、豊富な血流が亀頭や陰茎に供給され、結果的にちんこを大きくしてくれるでしょう。

ちんこを大きくするにはどの方法がいいの?

これまでにちんこを大きくする方法をいくつかご紹介してきましたが、どれを使えば良いのだろうと迷う方も多いはずです。

ここでは、効果を感じるまでの期間と費用負担を鑑みて、それぞれの期待に応えられる方法を検討しました。

確実&即効性ならペニス増大手術

確実な効果と即効性を期待するのであれば、ペニス増大のための外科的手術がおすすめです。

見た目ですぐにわかる効果が出るのは、コンプレックスが強い男性ほど嬉しいものです。

ただし、費用負担はちんこを大きくする方法の中でも抜群に多くなります。そこまでのお金が出せないという男性が多いのも事実。

お金に余裕があるようであれば、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コスパ良しはペニス増大サプリ

効果が出るまでに1~3か月くらいの猶予を見ても良い場合には、ペニス増大サプリを使用するのがおすすめ。

こちらはコスパも非常に良く、3か月継続して使い続ける意思がある場合には、まとめ買いによって1日あたりの金額を抑えることも可能です。

服用するだけで完結する手軽さと、大きくなった男性の経験談から見ても、途中で離脱しない方法と言えます。

⇒ ペニス増大サプリの神7が決定!詳細はこちら

無料から始めるならチントレ

半年くらいの長期的なイメージでちんこを大きくするなら、ペニス増大器具の使用やチントレが良いでしょう。

特にチントレは費用がかからないペニス増大の方法です。

じわじわと効果を発揮することができれば、いつしかちんこが小さいというコンプレックスから開放されるかもしれません。

ただ、年単位で変化を見ていかなければならないこともあるため、効果を感じるまでにじっくり待つ必要があります。

このように、効果や費用負担によっておすすめとなる方法が違います。

どれを使ってちんこを大きくするかは個人の自由ですが、効果と負担のバランスを考えるとペニス増大サプリに落ち着くという方が世間的には多い傾向です。

日本人男性のペニスの平均サイズは?

日本人男性のペニスの平均サイズは、泌尿器分野の学会で調査結果が証明されているのですが、平常時で8cm、勃起時には12.5cmが平均とされています。

海外の男性はもっと大きいように思うでしょうが、実際には国による差異は見られないという結果も出ています。

平均サイズ以下の短小や粗ちんは、女性ウケが悪いのも事実。

女性だって気持ち良くなりたいでしょうし、大きなちんこの方が膣奥まで刺激が届いてオーガズムが感じやすいことは知っています。

だからこそ、最低でも平均サイズの12.5cm前後は欲しいところ。

理想を言うなら平均以上のサイズにちんこが大きくなってくれると、男性の自信を養うことができるはずです。

平均サイズとどれだけ差があるかを知るには、実測するのが一番です。

メジャーなどで平常時と勃起時それぞれのデータを取っておくと、ちんこを大きくする方法を実践してからの変化がわかりやすくなります。

ちんこを大きくする一番のおすすめは?

ちんこを大きくする方法をこれまで紹介してきましたが、一番のおすすめはペニス増大サプリです。

その理由は「飲むだけ」という手軽さにあります。

チントレは家族やパートナーに知られることなく実践するのは大変です。

ペニス増大器具を使うことも、一人暮らしの男性なら実用的でしょうが、それ以外の環境で使用するのは心理的な抵抗も大きいはず。

ペニス増大サプリは一般的なサプリメントと見た目は変わらないでしょうから、人目を気にすることなく続けられる手軽さもあります。

手間暇かける必要もありませんし、継続するのも簡単です。

しかも、実際に大きくなった人が多いという効果の高さを鑑みても、ちんこを大きくしたいという期待に応えられるはずです。

ペニス増大の方法はいくつもの選択肢がありますが、継続のしやすさと効果のバランスが取れたものを選択することで、コンプレックス解消が確実となります。

ぜひとも、自慢のちんこを育てて、男性の自信を付けましょう!

あわせて読まれてる記事

ペニス増大サプリ神7!全部試した結果…おすすめ最強ランキング
ペニス増大サプリは、男性のコンプレックスを解消してくれる素晴らしいアイテム。しかも、サプリメントということもあって安心して使用できるのが基本です。 ただし、使って効果が現れるのかが疑問で、なかなか購入に至っていない人もいるのではないで...