【男版】足ピンオナニーのやり方まとめ!やり過ぎは注意!膣内射精障害になるかもしれない

 

一般的なペニスオナニーを少しだけ変えるだけでも、劇的な気持ち良さが及びます。足ピンオナニーもその一つですよね。

手軽に気持ち良さをアップさせられて、絶頂を迎えたときの感動を体に刻み込むことができると、ついつい足ピンオナニーを実践したくなってしまいます。

ただし、足ピンオナニーにも注意点がありますし、正しく実践しなければ勃起や絶頂に影響を及ぼすこともあります。

ここでは、足ピンオナニーのメリット・デメリットからもっと気持ち良くなるためのアイデアまでをご紹介。

これをご覧になれば足ピンオナニーがすぐにでも実践できる情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

普通に気持ちいい!男の足ピンオナニー!

 

女性が絶頂を迎えるときに足ピン状態になるという経験をしたことがあるかもしれませんが、気持ち良さをさらに高める行動として自然に筋肉を緊張させることを人はしています。

それを意図的にコントロールすることで、射精感を高めたり、絶頂に達した時の体に及ぶ変化を手助けするのが、足ピンオナニーの醍醐味です。

足ピンをすることは、筋緊張を高めてアドレナリンを放出させようとする働きがあります。

そんな体の変化も与えてくれる方法は、達成感を味わうには好都合です。ここでは、足ピンオナニーの基本をご紹介します。

足ピンオナニーとは?

出典:足ピーンイキ!そけい部リンパマッサージ

足ピンオナニーの基本は、イク瞬間に足をピンと伸ばすことです。体を硬直させるのは、その部分に意識を向けるだけで良いです。

ということは、簡単に快楽をコントロールできるといっても過言ではないのです。

絶頂する瞬間に体に力が入るのは自然の行動なのですが、それを意図的にやってしまおうという斬新な発想が、足ピンオナニーの魅力です。

体に緊張が走ることで、アドレナリンの大量放出が見込めます。

この方法は男女問わずに快楽を高めるテクニックとして使えますから、オナニーだけにこだわらず、セックスのときにも意識しましょう。

イキそうなタイミングに合わせて力を込めることで、足ピンオナニーは完成します。足を前に投げ出した状態で足先まで力むように伸ばすことが、最も基本的な動作です。

誰もが普通にやっているハンドオナニーによってペニスを刺激して、絶頂のタイミングに合わせることが足ピンオナニーが達成できます。

快楽をコントロールするカギになる自分の体のことを学ぶだけでも、新たなチャレンジに対する興味が膨らむはずです。

足ピンは手軽に気持ち良さをアップする方法

 

足ピンオナニーは誰でも実践できる簡単な性的欲求を満たす手段です。イク瞬間だけ意識を向けるだけで、通常の何倍も気持ち良くなれるというのが人気です。

しかも、特別なアイテムを使うことなく実践できるという点も、すぐにでもできる魅力ですよね。

加えるのは絶頂を迎える瞬間に足先をピンと伸ばして力を入れるだけ。ドクドクっと射精感が高まるでしょうし、何よりもペニスの奥から精液が絞り出される感覚がたまりません。

たったこれだけのプロセスでプレイ全体の印象を変えることも可能です。女性と違って絶頂を迎える瞬間に興奮度MAXになるのが男性の特徴ですよね。

女性のような気持ち良さを味わいたいとひそかに思っている男性も多いのではないでしょうか。

でも、男性だって工夫次第で気持ち良さを高めることができるのです。その最も手軽なものが、足ピンオナニーなのでしょうね。

普通に気持ち良くて、コツをつかめばいつでも発動可能。その手軽さから、オナニーの質を高める一手として使われているのです。

やり過ぎは遅漏をまねく

足ピンオナニーはいつでも自由に使える感度アップのスイッチです。

ただし、いつも足ピン状態でイク感覚を得ようとすると、逆に射精が難しくなってしまうことがあります。

タイミングを見計らうことに意識を向けてしまって、肝心な気持ち良さがわからないということもあるのです。

さらには、やり過ぎによって遅漏になってしまったり、射精障害を起こしてしまうこともあります。

どんな方法でも適度にするのが重要ですから、あまり偏らないように気を付けてくださいね。

遅漏になるのは嬉しい変化に思うかもしれませんが、力を入れることに意識が向いてしまい、通常のセックスではありえない圧をペニスにかけてフィニッシュを誘うため、女性と交わるセックスではイケないという事態も起こる可能性があります。

そんなデメリットが大きくならないようにするためにも、正しく実践する方法を学んでくださいね。

男の足ピンオナニーのやり方まとめ!

 

足ピンオナニーのやり方は、準備からプロセスに至るまでをしっかりチェックしてから実践するべきです。

間違ったやり方だと気持ち良さがアップせずに果ててしまうでしょうし、体を痛めてしまうかもしれません。

さらには、射精障害をまねく原因にもなってしまうことがあるので、ここで紹介するやり方を熟読してから試してみてください。

足ピンオナニーの準備

足ピンオナニーは特別なアイテムを必要としない方法です。ですから、事前にアイテムを購入しなければならないということはありません。

しいて言うなら、挿入する感覚をイメージさせてくれるようなオナホを使ってみると、女性と交わっている雰囲気を楽しむことができるので、どうやって抜くかを考えた準備を行うべきというのがポイントです。

アダルト動画を準備しておくと、短時間でオナニーが完結するはずです。

妄想で興奮できる方にとってはネタは不要でしょうが、映像で生々しい男女の絡みを眺めたり、女性が喘いでいる光景を見ながら、耳から入る刺激で興奮を高める方法もアリです。

どんな方法でも構わないのですが、抜き終わった後にペニスを綺麗にするためにも、最低限ティッシュは用意しましょう。

豪快に精液をどこかに撒き散らすなんてことはしないでしょうから、バスルームでオナニーをする以外のシチュエーションでは、精液を拭き取るアイテムは身近に置いておきましょう。

リアルに女性の声を聞きたいなら、出会い系サイトのテレフォンセックスを利用するのもおすすめです。

お互いに言葉で萌えるという状況を作り出すことができますし、こちらの指示に従って女性もオナニーをしてくれるので、目の前で自分が女性を抱いているかのような錯覚を利用して興奮が高められます。

足ピンオナニーの手順

足ピンオナニーは過程が大切なのではなく、結果に繋がるラストシーンで意識を向けることが大切です。

どうやって体をコントロールするかが成功のカギを握りますよね。イク瞬間に足先を伸展させて力を込めると、下半身に強い緊張が走ります。

その状態でフィニッシュすることによって、射精感が高まっていつも以上に気持ち良いと感じられるようになります。どうやって抜くかの体勢を考えることも大切です。

やり慣れた方法で抜く方が良いでしょうが、いつもと違った雰囲気を楽しみたいなら、ベッドで横になるだけでなく、椅子に座って抜くのも良いでしょうし、立った状態でオナニーを始めても足ピンはできます。こうした場所を問わないというのも嬉しい特徴ですよね。

やり方はシンプルで、一般的なオナニーと大差なくペニスを勃起させることから始まります。

手でしごくのも良いでしょうし、挿入している感覚を生々しく演出するオナホを使ってヌクのもアリです。

フィニッシュの瞬間だけでなく、絶頂に向かうまでの過程を利用して体に力を入れるのもおすすめです。

太ももあたりに力を入れたり、足を伸ばしてふくらはぎに力を込めるのも有効です。

肛門を締めるようなイメージで力を入れると、興奮度アップ間違いなし。

こうした力加減は、フィニッシュまで持続させることがポイントです。

射精しそうな感覚が訪れたら、全身に力を入れられるような体勢を取りましょう。背中や腹筋に意識を向けることも有効です。

つまり、下半身にこだわらず、意識を向けられるすべての部分に筋緊張の命令を与えることで、足ピンオナニーは最高の気持ち良さを演出してくれるのです。

射精前に一瞬で良いので息を止めておくのも、射精感を高めるちょっとしたテクニックです。

どうして足ピンをすることが気持ち良さに関係するかは、精液の通り道が関係しています。

筋緊張を与えるのはアドレナリン放出にも関係するのですが、それ以上に精液の通り道が細くなることが、気持ち良さを高める刺激になっているのです。

力を入れることで精液の通り道が狭くなり、力を開放することで一気に精液が外へと飛び出していきます。

このギャップが生じるからこそ、足ピンオナニーは最高の気持ち良さを誇るのです。

息を止めるというのも、こうした原理にのっとっての行動になります。力のオンとオフを上手に活用したオナニーのテクニックと言えるでしょう。

タイミングこそ快楽のスイッチを操る

足ピンオナニーは力を入れるべきタイミングさえ間違わなければ、通常のオナニーよりも気持ち良いと感じられるはずです。

しかも、ドクドクと飛び出す精液を眺めることができると、通常のオナニーよりも発射する力強さが違うと感じられるのです。

こうした変化を起こすためには、人の体の構造をきちんと把握していなければなりません。

我慢することで勢いよく飛び出す精液。発射の瞬間まで全身の筋肉を緊張させることで、感動的なフィナーレを迎えることができます。

そのスイッチは自分の意識一つですから、やり方に磨きをかけることで、足ピンオナニーの成功率はいくらでも高めることができます。

これまで説明した準備や手順に沿って実践すると、今までとは違った感覚に感動を覚える男性が多くなるはずです。

足ピンするだけでも違いが出るなんて驚きでしょうが、体の機能を踏まえても、気持ち良くなるための変化が及んでいることが理解できます。

足ピンオナニーにオナホを併用するとさらに気持ちいい!

 

足ピンオナニーの気持ち良さをさらに高めたいという欲望がわいてきたのであれば、迷わずおすすめしたいのがオナホの利用です。

オナホといっても色々な種類があって、アダルトグッズの通販サイトを眺めていても、どれを購入するのが良いのかわからないという方も多いはず。

ここでは、オナニーを楽しむための起爆剤となるオナホについてを紹介します。

オナホのタイプを学ぶ

アダルトグッズを専門的に扱っている通販サイトから、オナホのタイプを分析してみました。

自分でストロークを行うタイプのものと、電動で動いてくれるものとに大きく分類することができるのですが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

ハンドオナホのメリット、デメリット

自分でストロークを行うタイプのオナホは、使い捨てオナホをはじめ、安価で購入できるアイテムが充実していますよね。

安いものだと数百円で購入できますし、リアルに膣内を再現しているようなこだわりのアイテムだと、数千円単位で販売されているものもあります。

どんなものを使っても、ヌキの方法は共通していて、オナホを手で支えてペニスの抜き差しを行うことになります。

女性の膣内に挿入しているような錯覚が起こるほど精巧に作られたアイテムは、即イキ必須のアイテムとしても愛されています。

手コキオナニーに飽きてしまったという方は、こういったアイテムを使うだけでも射精までの時間を短縮できますよ。

ただし、自分でストロークさせないと気持ち良さの演出ができないのと、ローションを使わなければ摩擦抵抗が強くてペニスを痛めてしまう可能性があります。

こういった点に注意するだけでも、オナホを使った足ピンオナニーは快適度がアップします。

全自動の電動オナホのメリット、デメリット

自動で動いてくれる電動オナホも、足ピンオナニーのお供に使うことができます。

なんといっても自分の意志とは無関係に動いてくれるので、誰かにしてもらっているという印象を抱きやすいのが最大のメリットです。

グイグイ締め付けてくれるものから、フェラをしてもらっているようなねっとりと絡みつくような感覚を与えてくれるような刺激もできるので、手コキとは違った素晴らしさに心を奪われるのではないでしょうか。

本体を手で支えるだけでペニスが刺激されるので、足ピンに意識を向けやすいのもメリットです。

でも、電動オナホは初期投資が必要です。高いものだと数万円するアイテムも普通に販売されています。

価格以上の満足がでいるものでも、足ピンオナニーのために何万円も出すのは躊躇しちゃう人もいるでしょう。

ただ、風俗が好きで月に何度も通っているのであれば、1か月だけ自宅で優雅にヌクというコンセプトで電動オナホを購入すると、足ピンオナニーとのコラボを体験して、リアルな女性に抜いてもらうよりも気持ち良いという感覚を覚える男性も多いです。

後々のことを考えると、アダルトグッズで日々のオナニーが潤うのであれば、大きな投資ではなくなります。

オナホを購入するなら今後のことも考え、長く使っても飽きないものや、耐久性に優れたものを選択する目を持ちましょう。

使い捨てオナホは安価に思えるかもしれませんが、繰り返し使えないというデメリットもあります。

それでも、メリットがデメリットを超えると考えることが多いでしょうから、相性の良いアイテムを駆使してリアルなセックスに近い環境で興奮を高めましょう。

イキやすさにも焦点を当てたアイテムを利用することで、手コキとは違う世界を堪能してくださいね。

オナニーに磨きをかけるようになると、アナルから前立腺刺激を行いつつ、ペニスをオナホで包んで最後に足ピンでフィニッシュするという興奮の連続を演出することも可能です。

口コミからオナホの好みをチェック

オナホは自分との相性を考えることで、使ったときの満足度を高めることができます。

どんなアイテムでも必ず特徴があるので、その情報を頼りに購入したいアイテムを絞るのもおすすめです。

ただし、実際に使ってみてどのような感じだったかも踏まえて判断するのが失敗を防ぎます。

オナホを購入することができるアダルトグッズの通販サイトは、すでに購入した方々の口コミが紹介されているはずです。

賛否両論書かれていても良いので、総合的にどのような魅力があるのかを見極めることができると、使って損をすることはなくなります。

オナホはたくさんのバリエーションがありますし、価格もそれぞれ違います。どんなところに力を入れているかも解説されていますから、こうした情報をもとにして購入の有無を検討しましょう。

やり過ぎ注意!足ピンオナニーの危険性は?

 

足ピンオナニーは気持ち良さを高めてくれる有効な手段です。

やり方をマスターするだけで、道具を使わずに達成感を今までよりも色濃いものにすることができます。

ただし、こうしたオナニーはやり過ぎに注意しなければなりません。

体に及ぶリスクを知っておくと、適度に楽しむということにも意識を向けられるようになります。

ここでは、足ピンオナニーの危険性をまとめました。

足がつるリスクがある

足ピンオナニーでやってしまいがちな失敗は、力を入れた瞬間に足がつってしまうという状況です。

急に力を入れてしまうと、筋緊張が強すぎてつる状態が起こりやすくなります。それでも快楽を優先して力を入れ続けると、完全に足への力が入れられなくなってしまいます。

せっかくもうすぐ射精するというタイミングで足がつると、ペニスも萎えてしまいますよね。

気持ち良さを凌駕する痛みが感じられると、抜きたいという欲望すらも薄れてしまいます。

運動するとすぐに足をつるという傾向があるならば、一気に力を入れずに徐々に意識を向けて足ピンを実行しましょう。

オナニー前にストレッチをしておくのも有効ですよ。

筋肉痛になる可能性も考えられる

足ピンは筋緊張を高める行為なので、過度に力が入ってしまうと筋肉痛が起こります

筋トレをするときのように体に負荷をかけ、それを快感へと変えてしまうのが足ピンオナニーの醍醐味です。

何度となく力む行為を繰り返すと、それだけでも良いエクササイズになります。一日に何度もオナニーをするような人は、それだけでも筋力アップが実現してしまうほど。

意識して体にかかる力を調節することは、思わぬところで効果を発揮します。その代わり、次の日やその次の日に筋肉痛で苦しむ時間が待っているかもしれません。

足ピンオナニーのコツをつかむと力の調節も上手になるでしょうが、最初のうちはイク感覚が及ぶ前から力を入れたり抜いたりを繰り返すのが一般的。

そんなことをしているからこそ、力を入れる場所に乳酸が貯まって、筋肉痛の症状が後日感じられます。

アミノ酸を意識的に摂取して筋肉痛を予防するのも良いでしょうし、体に負荷をかけすぎないようにすることも大切です。

それでも興奮が高まってくると、いつも以上に力を入れてしまって足ピンをするという癖になっている方もいるはずです。

筋肉痛は一生治らないものでありませんので、まずは経過を見ながら改善策を考えるのも良いです。

準備としてストレッチをしておくのは、足がつるという感覚だけでなく、筋肉痛予防にも効果的です。

膣内射精障害のリスクがある

 

足ピンオナニーは強烈な力を働かせて快楽を高めるテクニックですよね。それは、膣内に挿入したときには味わえない強い力が働いています。

足ピンオナニーに慣れてしまうと、女性と交わっていてもフィニッシュしないという、膣内射精障害に陥ることがあります。

こちらはきちんとした治療法があって、手のストロークを強くし過ぎないという意識を作ることで改善します。

足ピンオナニーは体に力を入れることが大切で、手のストロークする圧を強くするというわけではありません。

この違いを分かっていなければ、強く締め付けてしごくという癖がついてしまいます。

せっかくのセックスが満たされない思いになってしまうと、自分がショックを受けるだけでなく相手にも心理的な負荷をかけてしまいます。

女性との交わりを経験している方であればわかるでしょうが、膣内の締め付けでペニスが窒息しそうになるようなことはないはずです。

だからこそ、強く握り過ぎてストロークしないように意識を向けることも大切です。体の相性は一度の失敗で崩れてしまいます。

せっかく女性と楽しい時間を過ごすチャンスを潰さないためにも、やり過ぎて膣内射精障害を起こさないように気を付けてください。

頻度を考えれば防げるものでもあるため、足ピンオナニーが日常へデメリットとして働かないように心がけましょう。

まとめ

足ピンオナニーは誰でもすぐに実践できる快楽を高めるテクニックです。簡単に実践できるので、ここで説明した内容を熟読してからお試しくださいね。

間違った方法を貫いて続けてしまうと思わぬリスクに見舞われることもあります。

そうならないような意識のコントロールもできるようになると、最高の気持ち良さを堪能する機会が増えます。

気持ち良さの質を高められる足ピンオナニーは、射精の瞬間の満たされた状況を味わうことで虜になるはずです。

アダルトグッズを使って女性と交わっている感覚を大切にすることも、興奮を高めるきっかけを作ります。

あとは自分のタイミングでイクだけなので、その際に射精感を高めるための足ピンを実行しましょう。