A10サイクロンSAは気持ち良い?口コミやレビューからわかったホントのこと

電動オナホールとして革命を起こしたと噂されるA10サイクロンSAは、本当に気持ち良いのかを大解剖

オナニーの気持ち良さを超えるアダルトグッズの魅力は、口コミやレビューを調べるとわかることがたくさんあります。

ただ、情報収集だけではリアルさに欠けてしまうので、実際に商品を使ってみてどうだったのかもレポート

オナホールには興味があるけど、まだ購入するには勇気が必要という方にとって、良い部分も悪い部分も包み隠さずお伝えできるようにまとめました。

スポンサーリンク

ホントに気持ち良い?A10サイクロンSAの生の口コミ・レビューを調べてみた!

A10サイクロンSAはたくさんのユーザーが存在します。

電動オナホールはリアルに女性の膣内に挿入している感じが表現された素晴らしいアイテム。

その中でも群を抜いて人気があるのは、それなりの秘密があるはずです。

ここでは、A10サイクロンSAの口コミやレビューの中から、商品の特徴が伺えるものをピックアップしてみました。

静粛性に優れた最高オナホは癖になる

 

電動オナホールで、動作する音が気になって家族に知られないようにオナニーができないイメージがありました。

 

ところが、A10サイクロンSAは動作も静かなので、下の階に親がいても内緒で激抜きができます。

 

手で添えるだけで勝手にペニスをグイグイ締め付けてくれる感動的なアイテムは、オナニストには嬉しいコンパクト設計。

 

即イキ必須の気持ち良さは、モチモチの触り心地で膣内に挿入しているイメージを頭に浮かべることができるので、目を閉じるとリアルセックスの感覚がペニスに及びますよ。

 

手で持っているだけで快感の連続が襲ってくる

 

正直言ってオナホをなめていました!自分の手でしごくのと変わらないだろうと思っていましたが、独特の動きは女性の複雑な作りをした膣内に挿入している感じ。

 

しかも、手で持っているだけで動いてくれるから、手抜きでも最高の快楽を味わえますね。

 

自分で腰振りをするのではなく、オナホが動いてくれて気持ち良くなるという点では、大型オナホールとは違った感じかな。でも、絶妙な締め付けでペニスを弄んでくれるのは、電動オナホの魅力ですね。

 

フリーハンドで抜けるともっと良かった

 

ピストンの動きと回転を加えたトルクの刺激が忠実に膣内を再現してくれるというA10サイクロンSA。手放しで抜けるならもっと良かったかな。

 

自分の手で支えないといけないので、片手は必ずオナホを押さえていないといけないです。それでも自分の右手とは違って縦横無尽にペニスへ密着してくれるのは凄いです。

 

男性の気持ち良くなるポイントをしっかり押さえているからこそ、オナニーがもっと楽しくなるのでしょうね。使って10分も経たずにイッテしまうのが、A10サイクロンSAを使用した場合の効果です!

 

抜きは最高!部品の着脱は慣れるとストレス減

 

過去の作品を知っているだけあって、A10サイクロンSAの期待はかなりしていました。感想としては気持ち良さは最高です。

 

でも、メンテナンスは着脱に慣れるまで解説を見ながら進めていました。使い捨てのような手軽さはありませんが、それでも衛生的に使えますし、何よりも締まりが最高です。

 

ペニスとの密着感は女性とHをしているのと同じか、もしくはオナホの方が気持ち良いかもしれませんね。使い続けると部品の扱いにも慣れ、今はストレスなく発散しています。

 

有線じゃないオナホは体位も自由自在で楽しめます

 

電動オナホールは電源に繋いで使うというイメージが非常に強かったのですが、こちらのアイテムはコードレスで使用できるので、どんな体位でも配線が邪魔になることなく疑似セックスが楽しめます。

 

燃えてきた時に限ってコードに引っかかって興ざめしてしまうことがあったのですが、A10サイクロンSAを使うようになってからは一気にフィニッシュまで駆け抜けることができます。やっぱり有線じゃないのは大きいですね。

 

シンプルに単体で抜くのが一番気持ち良い

 

VRとかもあって動画に連動してセックスしているかのような体験ができるのがA10サイクロンSAのウリみたいだけど、個人的にはシンプルに電動オナホをペニスへセットしてネットでエロ動画を見ている方が手軽かも。

 

でも、近未来的な抜きが楽しめるので、もっと生のセックスに近づけて楽しみたいという人には、映像とリンクしてオナホが動いてくれるというのは画期的なんでしょうね。時代はここまで来たのかと思う逸品だと思います。

 

これ一台でオナニーが大きく変わる

 

まだ専用ホールを色々試してないんですけど、A10サイクロンSAを使ってから風俗に行かなくなりました

 

フェラや手コキよりも挿入の感覚が素晴らしいので、自分のオナニーがこのお買い物で大きく変わりました。

 

トルクの力強さも絶頂への近道になるでしょうし、使っていても雑音は気になりません。ガンガンピストンをしても柔らかいオナホールが根元までペニスを包み込んでくれます。

 

奥まで突くような感覚も楽しめて、おまけに動画と連動して抜いてくれるというのも興奮します。目の前にいる女の子と交わっているような錯覚が、たまらなく勃起を誘いますよ。

 

高価だけど性家電の凄さを体験しました

 

オナホールとしての価格は高い出費に感じました。安く抜きたいなら使い捨てオナホの方が良いですね。

 

でも、この気持ち良さは電動じゃないと表現できない感じ。まったりと抜くのも良いですし、グイグイと刺激して即イキもできちゃうので、気分に合わせた使い方ができるのも好きです。

 

いつしか高価な買い物をしたのを忘れてヘビロテしています。microUSBの充電も使えるので、コードレス仕様なのも良いです。まぁ、生身の女性には叶いませんけどね。

 

A10サイクロンSAの口コミ・レビューからわかったこと

A10サイクロンSAの口コミ・レビューを掘り下げていくと、商品のメリット・デメリットが見えてきます。

どんな商品なのかを知るには、こうした情報を確認するとイメージが膨らみやすいです。

ここでは、A10サイクロンSAを使ってみて感じたポイントをまとめてみました。まずはデメリットについてを見てみましょう。

A10サイクロンSAのデメリット

・使い捨てオナホに比べて価格が高い
・手を添えてオナホを押さえなければ使えない
・着脱をするにはいくつかの行程があってコツが必要
・動画連動によりリアルさが出るが準備が必要

このような点がデメリットとして感じられていることがわかりました。

A10サイクロンSAは性家電と言われているほど、電動のパワーを駆使して快楽を与えてくれます。

その分、使い捨てオナホールに比べると、電動オナホールは高価に思えてしまいます。

もっと安く抜くためにアダルトグッズを購入したいなら、A10サイクロンSAはとても高い買い物に感じられてしまうかもしれませんね。

また、大型オナホールとは違って、手でA10サイクロンSAを添えて使わなければなりません。それがリアルさを損なってしまうと感じられる方がいるのも事実。

膣内をリアルに再現しているアイテムではあるものの、手で支えるという点が妄想の邪魔をするようであれば、使用しても興奮を高めるのは大変に思えてしまうかもしれません。

また、使い捨てではないということは、洗浄を行って何度も使えます。

ところが、A10サイクロンSAは機器からインナーカップや専用ホールを外して綺麗にしなければなりません。

さほど難しい作業ではないのですが、それが煩わしいと感じるのであれば、使い捨てオナホールを使った方が面倒ではありません。

動画に連動してオナホが刺激を行ってくれるのもA10サイクロンSAの特徴ですが、お好みの動画を見ながら自分で抜きたいという方は不要です。

リアルにセックスをしているような感覚を与えてくれる演出ですが、スマホを見ながら抜くよりも、もっと大画面で抜きたい場合には使わない機能になる可能性もあります。

あくまで口コミ・レビューから収集した内容を元にデメリットを列挙しましたが、大多数が「使って良かった」「興奮した」というメリットばかりの書き込みが多いようです。

A10サイクロンSAのメリット

これまでA10サイクロンSAのデメリットを解説してきましたが、数多くのメリットが口コミ・レビューから集めることができました。

ほとんどの方が大満足の感想というのも驚きですが、それには理由があります。

ここでは、メリットを列挙しながらそれぞれを掘り下げていきます。

・電動オナホなのに騒音静かに激しく股間を刺激する
・膣内の感触を忠実に再現した専用ホールが気持ち良い
・取り外し洗浄によって衛生的に使える
・何度も使えるコストパフォーマンスの高さ
・動画と連動して生々しいセックスを演出してくれる
・色々な体位で楽しめる配線のないデザイン

このようなメリットがあげられます。

電動オナホは動作時の騒音が敬遠されがちです。でも、A10サイクロンSAは静粛性に優れた電動オナホール。

フルパワーでペニスを刺激したとしても、周囲に知られないくらい静かな動作です。

しかも、専用オナホールの密着度は膣内を忠実に再現しているので、もっちりと柔らかい内部がペニス全体を包み込んでくれます。

激しい動きでも絡みつくように刺激してくれるので、即イキを達成してしまう人も多いはずです。

A10サイクロンSAは取り外しをして洗浄ができる衛生的なデザイン。

専用オナホールを取り外してしっかり洗うことができるため、中イキをした後の精液がホール内に残るリスクもありません

専用ホールを交換すると、ペニスに及ぶ感触を変えて楽しむことができますし、何度も使えるコストパフォーマンスを考えると、決して高い金額には思わないという方も多いでしょう。

使い捨てオナホールを使用するよりも、長い目で見ると経済的に感じるため、A10サイクロンSAを長く利用するという男性が多いです。

一昔前には実現できなかった動画の連動も行えるので、目の前に広がる景色をVRで楽しみつつ、女性との交わりを目て見て、耳で聞いて、体で感じて楽しむことができます。

リアルに女性と交わっているような錯覚が興奮を誘うのと、コードレス仕様ができる設計になっているため、色々な体位で抜けるのも最高です。

このように、多くの口コミ・レビューで称賛の嵐となっているA10サイクロンSAは、素敵な使い心地が性的欲求を満たしてくれることが伺えます。

実際に使ってみると、手でするオナニーとは別次元の気持ち良さが体に及び、リアルに女性と繋がっているかのような感覚に満たされるはず。

オナニーの概念を大きく変えてくれるアイテムは、自分の手の感触とは違った優しさといやらしさで満ちています。

あとはお好きなように使うだけで、幸せな時間がいつでも手に入るでしょう。

\専用ホール付属しお買い得になった/

A10サイクロンSAの販売店はこちら

A10サイクロンSAの特徴は?

A10サイクロンSAの特徴は、口コミ・レビューからもお分かりの部分が多いはず。

それでも、改めて魅力をピックアップしてみましたので、ほかのアイテムと違った良さを知ってください。

価格19900円(税込21492円)
重さ1410g
サイズ全長29.3×全幅11.6×高さ11.6(cm)
締まり度膣内をイメージさせる、絡みつくような締め付けは悶絶級
柔らか度膣口もプニプニで挿入後も柔らかく包まれる感触が得られます
搭載バッテリーリチウムイオンバッテリー採用(充電によってコードレス仕様可能)

深夜でも気兼ねなく使える静音性

電動オナホールは動作音が周囲に漏れてしまうくらいの音量が一般的。

こっそり誰にも知られることなく使用するには、静かに動くことにもこだわらなければなりませんでした。

それを可能にしたのが、A10サイクロンSAなのです。一般的な電動オナホや過去作は、大声に相当するくらいの音が発生していました。

ところが、A10サイクロンSAは最大音圧でも43.3dBという、普通に話す声の大きさ(60dB)よりも小さな音にしかならないことが証明されています。

テレビの音がお部屋にあれば、きっとA10サイクロンSAを動かしている音が周囲に聞こえることは無いはずです。

静音性に配慮された作りは、使用する場面を想定しているのでしょう。

有線で使用しない充電式の電動オナホ

電動オナホールは電源に繋いで使用するというのがメジャーですが、A10サイクロンSAは配線が邪魔にならないデザインです。

充電式の電動オナホの魅力は、何といっても気持ち良くなっている最中にコードが体に絡まないというストレスフリーな設計が大きなウリです。

充電は底面となる部分にジャックを差し込むシンプルスタイル。電動オナホールは電離式だと重さが気になって体位も制限されてしまうなど、プレイの幅を狭くしてしまうリスクがあります。

コードで繋いで楽しむ電動オナホールも、お好みの姿勢で抜くことができないかもしれません。

そういった制限を少なくすることに成功したのが、A10サイクロンSAなのです。

専用ホールとトルクの力強さが生む快楽

A10サイクロンSAに採用されている専用ホールは、感触のバリエーションを変えることができるのも魅力です。

もちろん、一つの専用ホールでも劇的な気持ち良さを感じられるでしょうが、少し気分を変えたいという時にも重宝します。

専用ホールは女性の膣内を忠実に再現した優れもの。根元までしっかり包み込む奥行きもありますし、人肌のような感覚を意識しているからか、挿入した時の感覚が別次元。

さらには電動の強みとなる力のあるトルクによって、グイグイペニスを締め付けてくれるのは、即イキしてしまうほどの快楽が及びます。

低速でも気持ち良くさせてくれる設計のA10サイクロンSAは、長く楽しみたいという方にも嬉しい特徴。

いつまでも挿入していたいという気持ちを抱いてしまうのは、A10サイクロンSAのハイトルクが自在にペニスを弄んでくれるからではないでしょうか。

これまでA10サイクロンSAの特徴を3つにまとめて紹介しました。

まだまだアイテムの魅力があるのですが、ほかの電動オナホとの違いを感じるには、3つの特徴で比較してもらうのが良いはずです。

今まで電動オナホのお世話になっていた方はもちろん、初めて電動オナホで幸せな時間を過ごしたいという方にとっても、衝撃的な魅力がA10サイクロンSAにはあると感じられるのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

電動オナホールのおすすめ10選!VRとの組み合わせが最高の電動オナホはこれだ
オナニーも自分でしごくのではなく科学の力に身を委ねる時代。 電動オナホールは、気持ち良さを刺激する様々な動きでペニスを絶頂へと向かわせてくれます。 もしもVRと組み合わせて使うなら、きっと女性とセックスしているかのような...

A10サイクロンSAの使い心地をレポ!

A10サイクロンSAの良さは、使ってみて初めてわかることもあるはずです。

実際に購入・使用してみてのレビューをここではご紹介。魅惑の使い心地を知ってしまうと、毎日の営みが変化したのは言うまでもありません。

A10サイクロンSAの購入手続き

アダルトグッズの専門サイトから購入を行ったA10サイクロンSAは、電動オナホの中でもおすすめアイテムとして紹介されていました。

色々と情報収集を行ってから買おうと決めたので、同じようなコードレス電動オナホには目もくれず、購入の手続きを行いました。

本当に便利なもので、クレジット決済であっという間に手続き完了。あとは到着を待つばかりとなりました。

到着してスグに使ってみた

A10サイクロンSAが到着してスグに、荷物を開封して商品を確認。それなりの価格だったので、早く使いたいという気持ちで一杯でした。

箱に入っていたのは本体と専用オナホールや充電キット、ローションまで付属されていました。

動画を見ながら抜けるというサンプルのQRコードも入っていましたが、まずはそのままペニスへ使ってみようということになりました。

見た目は電動オナホさがなく、何も知らない人が見ても「タンブラー?」という感じを受けるかもしれません。

でも、自分が手にしているものは、ペニスを絶頂へと導く電動オナホール。全長は30cmくらいなので、どれだけペニスが長くても大丈夫な感じ。

自分のお粗末なアレならば、奥深くまで挿入しても全然平気ですね。専用ホールをセットしてしばし充電。

その間に利用ガイドを眺めながら、これからの至福の時間を妄想しながら勃起を高めます。

そろそろ大丈夫だろうというところで充電からA10サイクロンSAを外して使用開始。

ローションをペニスへ塗って、待ちに待った電動オナホへの挿入です。膣口は適度な締め付けがあって、「ニュルン」とペニスが飲み込まれていく感じもリアル。

そして、A10サイクロンSAへ挿入をした感想は、根元から先まで全て密着しているかのような素晴らしい気持ち良さ

このまま手コキでも十分抜けそうな感触です。

でも、やっぱり気持ち良くなるにはA10サイクロンSAの電源を入れて、力強い締め付けを体感しなければなりませんね。

7種類7速度の刺激は、自在に組み合わせて楽しむことができるようです。とりあえずはこだわりが無かったので、パターンにはこだわらずに電源を入れて速度を少しだけ早くしただけ。

それでもこれまでに感じたことの無いようなペニスへの圧が、感動的な気持ち良さを演出してくれました。

そのままでも十分発射できるくらいの気持ち良さでしたが、トルクの凄みを知るためにスピードアップをお試し。

手で添えて持つだけで良いので、プレイが長引いても手が疲れるということは無いようです。

使い方としては手元でボタンを押して操作ができるので、ワンハンドで幸せが手に入るといった感じでしょうか。

挿入感は生身の女性とHをしているような感じで、使い捨てオナホールとは別物の気持ち良さ。

あの感触を知ってしまうと、電動じゃないとイケなくなってしまうかもしれませんね。

そんなことを考えている間に、素晴らしい動きを見せてくれたA10サイクロンSAの中に、大量の精子を放出して終了となりました。

2回目は動画との連動を楽しんだ

A10サイクロンSAの魅力として知られているもう一つの要素が、動画と連動してオナホが動いてくれるという画期的なモノでした。

実際に使ってみてどのような興奮が味わえるかは、購入の段階からかなりの期待をしていました。

だって、目の前にいる女性とホントにセックスをしているかのような感触がペニスで感じられるのですから。

VRはちょっと高価な買い物だったので、今回はスマホで動画を視聴しながら連動を楽しみました。

購入した方の口コミを見ると、賛否両論書かれていたこともあって、購入する直前のテンションよりは少し冷静になっている自分がいました。

映像とオナホが連動するのってそんなに気持ち良いのかと思ったこともあったのですが、使ってみると言葉にならない気持ち良さで満たされてしまいました。

挿入している感触は目の前で喘いでいる女性とマッチしていて大興奮。

「これはヤバイ!」というのが、正直な感想でしょうかね。近未来的なオナニーは、自分にとっては衝撃的な出会いでした。

女性を抱かずとも妄想でセックスをしている感覚がペニスから伝わってくるのですから、新しいオナニーの感覚ですね。

あくまでいちユーザーのレビューにはなってしまいましたがいかがでしょうか。

オナニーの質が大きく変化するきっかけを欲しているなら、使い捨てオナホールなんかで満足せず、絶対に電動オナホールは体験するべき。

せっかく使うなら良いものを購入したいと思うなら、間違いなくA10サイクロンSAを使用するべきだと思いますよ。

⇒ A10サイクロンSAの販売店はこちら

旧型 A10サイクロンとの比較、違いは?

A10サイクロンSAは、旧型のA10サイクロンのデメリットを改善した魅力的なアイテム

その違いがなにかをここではピックアップしてみました。

旧型でも絶大な人気を誇っていましたが、それ以上に人気沸騰のA10サイクロンSAは、過去作の改善すべきところをきちんと取り入れているからこその人気。

A10サイクロンSAは単体で動かすことができますが、旧作は専用のリモコンを購入しなければ動作しません。

一見すると電動オナホの割には安いと感じられるでしょうが、別売りとなっているリモコンが無ければ使い物にならないという点は大きなデメリット。

その点、オールインワンで使用できるA10サイクロンSAは、そのアイテム一つで完結するのが魅力です。

もう一つのデメリットとして挙げられているのが動作時の騒音です。

甲高いキーンという音が響いてしまうので、周囲にバレないように使うということが難しかったのです。

でも、A10サイクロンSAは騒音を抑えた設計になっているので、A10サイクロンのようなうるささを感じることはありません。

刺激の種類はA10サイクロンSAとA10サイクロンのどちらも共通しているのですが、過去作は低速のトルクがイマイチな感じ。

じわじわヌキタイという希望を叶えられるトルクの使い方が難しく、それがA10サイクロンSAによって大きく改善されました。

こうした比較を行ってみると、A10サイクロンSAで採用された改善点がはっきりわかります。

・リモコン無しの簡単操作
・騒音に配慮された設計
・低速トルクでも最高の気持ち良さを演出

この3点はA10サイクロンのデメリットとして感じられていた特徴です。

それを見事に克服したのが、A10サイクロンSAなのです。

A10ピストンSAとの比較、違いは?

A10サイクロンSAとよく似た名前のA10ピストンSAというアダルトグッズ。どのような違いがあるかを調べてみました。

どちらも電動オナホとして人気が高いアイテムなのですが、それぞれに特徴があります。

ここでは、A10ピストンSAとの比較を行ってみました。

ピストンの方式は手でスライドさせるかのような感覚が味わえるA10ピストンSA。

強力な締め付けが感じられる点では、A10サイクロンSAと同じような印象があります。

ただし、A10ピストンSAは重量がホールを除いても2350gです。A10サイクロンSAはホールを除いて1406gという軽量な印象。

大きさで言うと、A10ピストンSAの方が一回り大きく感じられるのではないでしょうか。

専用ホールの取り付けはA10サイクロンSAよりも簡単に行えるという説明がありますが、どちらも面倒な作業ではありません。

むしろ、使い方さえ知っていれば、すぐに着脱は可能です。

大きなサイズでストロークの利いた刺激が行えるA10ピストンSAは、手で持って挿入するという印象も強いです。

手を添えて支えるだけで楽しめるA10サイクロンSAとは、サイズ感が違います。

また、最大の違いは価格です。

A10サイクロンSAよりも1万円以上高価なアイテムとなっています。

このように、A10サイクロンSAとの違いを比較してみると、以下のような点がわかりました。

・刺激の方式がピストンを強力にした印象
・重量感はA10サイクロンSAよりも感じられる
・価格はA10サイクロンSAよりも高価

刺激の質を鑑みて購入するアイテムを選択するには、両者の違いを知らなければなりません。

A10サイクロンSAとの違いを学び、購入の有無を検討してみましょう。

A10ピストンSAの口コミやレビューとピストンヒートIRとの比較を解説!
A10ピストンSAは電動オナホールとして多くの男性から愛されているアイテムです。どうしてそんなにも人気があるかは、商品を分析することでわかってきます。 オナニーの質を変える画期的な刺激は、手コキオナニーでは実現できなかったエク...

A10サイクロンSAの手入れや保管方法など

A10サイクロンSAはお手入れが簡単な素晴らしいアイテム。取り外しは本体からインナーカップを取り出して、さらに専用ホールを抜き取るだけ。

専用ホールだけの洗浄でも十分なので、機器を丸ごと洗うことなく衛生な環境が作れます。

射精後の処理が大変になってしまうと、どうしても電動オナホから遠ざかる生活になってしまいます。

手軽に使えて後始末までも簡単に行えると、また使いたいという気持ちになります。

少ないパーツで構成されているA10サイクロンSAは、専用ホールを洗浄して乾燥させ、その他の部品も埃が付かないような場所で保管してください。

それだけで日頃のメンテナンスは十分なので、誰でも簡単に管理することができます。

ローションのヌルヌルがしっかり取れるような洗浄アイテムもアダルトグッズを販売している通販サイトでは取り揃えていますので、もっと衛生的に使用したい場合には併せてお買い求めください。

まとめ

これまで、A10サイクロンSAについて徹底的に情報を掲載してきました。

電動オナホールは使った人にしかわからない魅力が溢れていますから、新たな快楽を味わって日常生活の性に対する趣を考えてみるのもおすすめです。

自分の手でするのとは違ったオナニーを体験すると、きっとオナホールの気持ち良さにハマるはず。

過去作から改良を重ねて出来上がった逸品ですから、誰もが満足できる快楽を与えてくれるのではないでしょうか。

\専用ホール付属しお買い得になった/

A10サイクロンSAの販売店はこちら

 

あわせて読まれてる記事

電動オナホールのおすすめ10選!VRとの組み合わせが最高の電動オナホはこれだ
オナニーも自分でしごくのではなく科学の力に身を委ねる時代。 電動オナホールは、気持ち良さを刺激する様々な動きでペニスを絶頂へと向かわせてくれます。 もしもVRと組み合わせて使うなら、きっと女性とセックスしているかのような...
VRのアダルト(エロ)動画が見れるサイトのおすすめ5選!
目の前で女性が身悶えているような錯覚を起こしてしまうほどリアルな体験が楽しめるVR動画は、最先端の技術で興奮させてくれる新たなツール。 VRの技術を駆使して作られたエロ動画は、パソコンやスマホで視聴するような平面な感じではなく...